読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

今度の新型インプレッサはスゴイらしい!デザイン・性能・グレード・発売日などについてまとめ

いろいろ紹介-ガジェット

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

こんなおはがきが届きました。とうとう新型インプレッサが出ますようで!

f:id:apokaru:20160919215955j:plain

現行(一応まだ発売してないから現行と言わせて!)インプのユーザーであるわたしとしては感慨深いというか。

今乗っているインプレッサもモデルチェンジしてすぐ買ったので、モデルチェンジの周期同様、約5年載っていることになりまして。長々と乗ったなぁって感じで。

さてそんな新型インプレッサですけども、どうやらなんだかスゴイらしい。なにがスゴイんだって?よくわからんがホウボウで聞こえてくる吉永社長の自信たっぷりの発言からもその出来のほどは伺えそうである。

いやまじめにね、わたし自身SUBARUってブランドは好きで結構長く追いかけてきたんだけども、これだけ今度のインプレッサはスゴイよ!なんて言ってるのは聞いたことがない。なんならレガシィだとかにしたって。

それくらいに、今回のインプレッサは自信満々らしいです。まぁ売れてるからね。そりゃ調子にも乗るよね。

そんな吉永社長のインタビューはこちらから。いや、ほんとに自信満々なのでびっくりですわ。

toyokeizai.net

新型インプレッサ、どこがスゴイ?

スバルグローバルプラットフォーム初採用車

さてその新型インプレッサ、どこがスゴイのかといいますと。

今回のフルモデルチェンジより、新プラットフォームであるスバルグローバルプラットフォームが採用されています。

今後は他の車種にもモデルチェンジに合わせてスバルグローバルプラットフォームは採用されていくわけで、この新型インプレッサはその第一弾となるわけです。

例えるなら、これはBMWの3シリーズがBMWのラインナップのすべてのベースとなっているように、これからのSUBARUのベースとなる車種がこの新型インプレッサであるということ。

スバルグローバルプラットフォームはこれまでのSUBARUの安全性と愉しさをさらに向上させるというコンセプト。

具体的にどういうところが特徴的なのか取り上げてみると、車体ねじり剛性が従来型比で1.7倍に向上、衝突エネルギー吸収率が現行モデルより1.4倍向上などの大幅な安全性の向上や、この価格帯の車としては初めて四輪のトルク・ベクタリングを採用するなど、よくわからんけどなんかすげーってのは伝わる。

吉永社長の自信は決して根拠の無いものでなく、取り入れられるものを出来る限り注ぎ込んできたという自負があってこそなのでしょうね。

インプレッサはただの大衆車になってしまった?

よく安全性がどうだとかって話になると、そんなのはSUBARUのイメージじゃない、インプレッサはつまんねー車になってしまった!なんて言い出す奴らもいますが。

たしかにね、かつての尖ったマニアックな車としての魅力はなくなってしまったかもしれないです。

とはいえです。今のインプレッサはその動力性能や走破性能を、安全という部分にフォーカスさせたものに仕上がっています。

ただの大衆車の皮を被ってるかもしれないけど、でも負荷をかけても崩れないその安定感はこれまでのSUBARUが培ってきたものであるのは間違いない。

SUBARUは変わりましたよ、もちろんいい方向へ。ターボがなくなったり、走り屋さんは不満かもしれないですけどね、もうそんなんじゃないんですよ。残念でした。

新型インプレッサのグレード構成は?

グレードに関してはまぁ公式サイトを見ていただければいいんですけども。

www.subaru.jp

そのうえでひとつ語っておきたいことがあります。

今回もエンジン構成は1.6と2リッターの構成で、これは現行と一緒。特筆すべきは、すべてのグレードがEyeSight搭載となっているということ。

EyeSightを搭載するということは、当然コストがかかるわけで、自動車なんてものは安く買えればそれでいいって層は確実に存在します。

それでも、今回すべてのグレードをEyeSight搭載としたのは、そういった層を切り捨ててでもSUBARUの安全性をいう部分を打ち出したかったということです。

つまんねー車になったなぁなんていう人も多いんですけども、SUBARUのこだわりという部分は今でも健在ですよやっぱり。

新型インプレッサのデザインはどう?

SUBARUといえば走りはいいけどデザインがちょっと……なんてのは長年言われてきましたが。

レヴォーグが出たあたりからその傾向も少しづつ変わってきたのではないかなと。

どうでしょうか、かつての間の抜けたデザインからは脱却できているように思います。

f:id:apokaru:20160919224420j:plain

デザインのベースはレヴォーグとかなり似通っていて、意識しているのは間違いない。

正直、デザインだけでも戦える車になってきたなと思ってるんですけどね。走りについてはお墨付きですから、そのうえ安全性能もダントツ。こうなれば海外のみならずに日本国内での売上にも期待できそうなものですねぇ。

新型インプレッサの発売日は?

さてでは最後に、発売日はいつの7日ってことですけども。

すでに予約は開始していて、発売日は秋ごろということで10月から11月ぐらいですかね。まだはっきりとは決まっていないのかな?公式サイトなんか見ても載ってないですね、今のところ。

なんかどっかで10月13日発売って話も聞いたけど、これはソースが見当たらない。まぁそのあたりではあるんでしょうけども。

ディーラーさんにも少し話し聞きましたけど、すでに結構予約が入っているようで今すぐ契約して年内納車できるかどうかってところみたいです。

まぁ納車状況に関しては色とかグレードによっても変わりますからね。早く納車して欲しいって場合にはこのあたりも少し考慮するといいかなーと。

ちなみにわたしが現行のインプレッサを買った時も、最初は3ヶ月待ちとか言われてましたけど色をディープチェリーパールにしたら1ヶ月ぐらいで納車されたので、色は意外と重要だったりします。

これから購入を検討されている方にとって少しは参考になればなと。

ということで

なにやら凄いポイントがいっぱいの新型インプレッサ。発売が楽しみになってきますね。

とりあえず試乗できるようになったらディーラーに行こうかなーと思っています。買い換える予定は今のところはないですけども、乗っちゃうとなー。わからんよなー。

まぁそれはそれでよし。ローンがもうすぐ終わるってところだから変に障害がないのもなかなか悩みそうなところではあるんですけど。

コンセプトムービーもありますのでこちらもどうぞ。

youtu.be

それでは、以上あぽかる(@apokaru)でしたー。