APOKARU POST

好きなこととか好きなものとかについて書きたい

SiM P!!!TOUR2018 5/31名古屋ダイアモンドホール公演ライブレポ!久々のSiMのライブで騒いできました!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

SiMの全都道府県ツアー東海中部の部、SiM P!!!TOUR2018 5/31名古屋ダイアモンドホール公演に参戦してきました!

SiMのライブは去年のZeppNAGOYA以来だったので、1年以上ぶりというのもあってめちゃくちゃ楽しみでした。

前回参戦したZeppNAGOYAはワンマンでしたが今回は対バンありということで、対バン相手のNOISEMAKERもはじめて観るバンドだったのでこちらはこちらで楽しみにしていました。

ということで今回はSiMのライブP!!!TOUR2018のダイアモンドホール公演のライブレポです。

f:id:apokaru:20180604000405j:plain

NOISEMAKERセットリスト

NOISEMAKERのセットリストは以下の通り。

  1. Change My Life

  2. SADVENTURES

  3. One Dream One Roof

  4. Something New

  5. Flag

  6. DRIFTING CLOUDS

  7. PLATINUM SHOES

  8. Nothing to Lose

NOISEMAKRERライブ感想

NOISEMAKERはこのツアーでSiMとの対バンが発表されるまで名前ぐらいしか知らなくって、この日のライブのためにYouTubeで多少は予習したものの曲はほとんど知らない状態でした。

軽く聴いただけだとなんとなくラウドロックよりな感じかなと思ってたんですが、いざライブで聴いてみるとゴリゴリなラウドってよりもラウドの要素も入ったあくまで正統派ロックの曲調で、曲を知らなくてもすごくノリやすい感じですごい良いライブでした!

メンバーのステージングもよくって、しっかりと観客がついてこれるように煽ってくれたりでライブが上手いなぁと感心させられました。

VocalのAGさんはステージ上を飛び回るだけでなくフロアにも乗り込んできたり、逆に飛び込んできたダイバーとグータッチもしたりともうホントにいいライブをするんですよね。

MCではSiMへの感謝の言葉と、そして売れたいという素直な気持ち。なんというかバンドマンって売れようとするのはかっこ悪いみたいな風潮があって、でもその中で上を目指してしっかりと売れたいって言葉にできるのはすごいことだと思うんですよ。

売れたいって気持ちも、なかなか行けない地方に行くためだったり音源のクオリティを上げるためだったり、あくまで音楽のためでありファンのためであって。

そう考えてくれるバンドだからこそ応援したいってなるんだと思うんですよね。ライブだけじゃなくってこのNOISEMAKERってバンドの今後をもっと見てきたいなって気持ちになりました。

8月に名古屋にワンマンで来てくれるそうなので、今度はしっかりと曲を覚えていって参戦したいなー。ホントにいいバンドと出会うことができたなーと思います。

SiMセットリスト

SiMのセットリストは以下の通り。

  1. A

  2. Amy

  3. Evolution is Solution

  4. TxHxC

  5. paint sky blue

  6. Blah Blah Blah

  7. Fall in Love With You

  8. The Sound Of Breath

  9. Dance In The Dark

  10. GUNSHOTS

  11. WHO'S NEXT

  12. Get Up, Get Up

アンコール

  1. KiLLiNG ME

  2. f.a.i.t.h

SiMライブ感想

NOISEMAKERのライブが終わり、機材の入れ替えが終わりSiMのライブがはじまります。

一曲目は最新曲のA。NOISEMAKERのライブが良かったのもあって、会場はかなり暖まっていたように思いますがそれでもSiMのライブが始まると一気に空気が変わりますね。

Aの最初のABRACADABRAのシンガロングからもうすごかった。半端ない一体感!

続いてもAmyからEvolution is Solutionと続き、TxHxCでは会場をサークルさせる攻めまくりの序盤。

この時点で会場の盛り上がりがホントすごくって、前も後ろも関係なく激しく体を動かしてライブを楽しんでる感じで、逃げ場なんてどこにもなくってとにかく楽しむしかないそんな感じ。

レゲエのノリ方講座を挟みつつ、TxHxCのような曲があったからこそできたと紹介されてはじまるキラーチューンBlah Blah Blah。このレゲエ感とラウドなサウンドの融合こそがSiMの最大のかっこよさだよなー。ロックバンドのライブでガンフィンガーが飛び出すのもSiMだからこそでしょ。

その後も電話のSEからはじまるFall In Love With Youでひとしきり盛り上がったあと、ゆっくりの曲演りますとはじまったThe Sound Of Breath

あれだけ騒いでいた会場が一転、完全に聴き入っていてただ激しいだけじゃなくって聴かせる曲もしっかりできるのが今のSiMの凄みだよなぁ。

ただ、その後のDance In The Darkでは振り幅に観客がついていけなくってまさかのリテイク。いやーこれはホントに申し訳ない感じでした。その分リテイクでは思いっきり声を出しました。

ラストに向けて勢いを加速させるGUNSHOTS。みんながモンキーダンスを踊り始めるわけですけど、わたしはちょっとこのモンキーダンス苦手だったり。でもGUNSHOTS自体はめちゃくちゃかっこいい曲なのでテンション爆上がりますね。

そのままWHO'S NEXTGet Up, Get Upと勢いは落ちるどころか上がってく一方でラストまで駆け抜けていきました。

最後に、いつもライブでMAHさんが必ず言う強く生きろという言葉。SiMの音楽ってたしかに激しくてダークでもあるんだけども、その中でも前向きなポジティブさがあってこの言葉ってSiMをホントに的確に表していると思う。

本編が終わって、アンコールに答えてくれ再び登場するSiMのメンバー。「10月にまた名古屋にきます!場所はここダイアモンドホール!」と、たった今決めてきたとかいうとんでもない告知を持ってきてくれました。

告知に湧き上がったままアンコールではじまるKiLLiNG ME!SiMを代表するこの曲。わたしがSiMに一気にハマったのもこの曲でしたし、SiMファンの多くの人にとっておそらくこの曲は特別な一曲だと思う。もう会場の盛り上がり具合が尋常じゃないレベルに盛り上がってたのもホントに納得です。

KiLLiNG MEがおわって、MAHさんのコールで会場が大きく2つに割れる。いわゆるWOD(ウォールオブデス)。そのまま観客がぶつかり合って会場はもみくちゃ状態!いやー、ここのモッシュマジでめちゃきつかった!

モッシュの勢いの中ではじまるf.a.i.t.h!このライブのラストのラスト。最後に力を振り絞って、最後まで楽しみました。

久々のSiMのライブでしたが、やっぱり最高に楽しい。SiMのライブって音源よりも楽曲のクオリティ高くって、ホントに良いんですよね。もう汗でぐっちょぐちょでしたがめちゃくはいいライブでした。

SiMにはライブハウスがよく似合う

今回の公演であらためて思ったのは、SiMにはライブハウスが本当によく似合うということ。

なにげにフェスなどのSiMは機会に恵まれず参戦はできていないのですが映像などでは何度も見てきていて、大きな会場ででっかいサークル作ったりとそれはそれですごく良いんですけども。

横浜アリーナ公演なんかも、アリーナをライブハウスにしてやる!なんてことを言っててたしかにすごいライブをしていたんですけども。

でもでも、やっぱりSiMのライブはライブハウスでこそだなーって思うんですよね。

こもった熱気だとか隣の人と汗と汗で触れ合う感じだとかどこからでも飛んでくるダイバーだとかそこら中で発生するモッシュピットだとか、もうライブハウスの醍醐味みたいなのが全部詰まってるんですよ。

これはやっぱり広いホールだとか野外だとかでは作れない、ライブハウスという空間だからこそだしそれはSiMだからこそだと思うんです。

今年もフェスでのSiMはたぶん観られなさそうなので、やっぱりライブハウスで楽しみたいですし10月のダイアモンドホールはぜひとも狙っていきたいところですね。

チケット取れることを願って、それではまたー。