APOKARU POST

好きなこととか好きなものとかについて書きたい

MENU

海外旅行用レンタルWifi「イモトのWifi」を台湾旅行で使ってきた!実際の通信速度や使用感レビュー!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

シェアする

最近では海外旅行に行く際に、現地でも使えるWifiをレンタルしていくのがもう当たり前になってきていますよね。

わたしも先日台湾に旅行に行ってきましたが、やっぱりネット回線ないと困るよなーということでイモトのWifiをレンタルしていきました。

海外旅行での一番の心配事は日本との連絡がつかなくなることなので、海外でもインターネットが繋げられるというのは安心感がありますね。

ということで、今回台湾旅行でイモトのWifiを実際に使ってみたので、その実際の速度だとか使用するまでの手順などについてのお話です。

台湾旅行にレンタルWi-Fiは必要?

さて、イモトのWifiを紹介する前に台湾のフリーWifi事情について少し解説しようと思います。

台湾はフリーWifi網が結構進んでいるようで、空港や駅・地下鉄車内などではフリーWifiに接続することができます

また、こちらは宿泊する場所にもよりますが、ホテルでWifiに接続できる場合もありますので意外とネット環境には困らなかったりします。

とはいえこれらはあくまで台北市内での話ですので、都市部を離れるとフリーWifiがほとんどないという可能性もあります。

徒歩移動しているときにグーグルマップで経路を確認したり検索をしたい場合などもあるので、やはり現地で使えるレンタルWifiは必須ではないかなと思います。

とりあえずはレンタルWifiを用意していかなくてもネット接続はなんとかなりますが、なるべくレンタルWifiを用意していくことをオススメします。

イモトのWiFiを台湾旅行で実際に使ってみての感想

ここからはイモトのWiFiを現地で実際に使ってみて、通信速度や電池の持ちなどの使用感についてレビューしていこうと思います。

台湾現地での実際の通信速度

今回の台湾旅行では台北市内を中心に、台北市以外では九份に行きましたので2箇所で測定した通信速度を紹介します。

まずは台北市の場合です。

f:id:apokaru:20170605231710p:plain

下りで約9Mbps、上りで約24Mbps。何度か測ってみましたがだいたいこんな感じでした。上りがやけに速い。

そして九份での場合です。

f:id:apokaru:20170605231956p:plain

下りで約10Mbps、上りが14Mbps。PINGが優秀ですね。九份は山の中ではありますが十分な速度が出ていますね。

ちなみに九份というのはあの千と千尋の神隠しのモデルとなったとも言われる場所ですね。こんな風に日本語で書かれていたりします。

f:id:apokaru:20170605232429j:plain

台湾に行った際は行かれることが多い場所だと思うので、イモトのWiFiを使う上で参考になるかなと思います。

また、数値だけではどれくらい速いのかわからない方向けに比較用に日本での通信速度をいくつか載せておきます。

自宅の固定回線(コミュファ光)→ PING:23ms 下り:46Mbps 上り:27Mbps

f:id:apokaru:20170605233227p:plain

モバイル回線(au/LTE) → PING:70ms 下り 47Mbps 上り:6Mbps

f:id:apokaru:20170605233257p:plain

さすがに日本で普通に使っているものと比べると速度は敵いませんね。てかLTEって今こんなにスピード出てるんですね……。はっや。

それでも台湾でのスピードも普通に使うぐらいであればまったく問題なく使えるスピードではあります。それこそYouTubeで動画観るくらいのことは問題なくできるくらいですね。

WiFi端末の使用感

レンタルできる端末はいくつかあるようですが、わたしが今回レンタルした際に送られてきたのはZTE ME910という機種でした。

f:id:apokaru:20170605230955j:plain

あまり日本では流通していない機種のようで、口コミなどはほとんどないですね。

公式にスペックは乗っているので詳細はそちらを見ていただければと思いますので、ここでは簡単に気になる部分について説明します。

同時接続台数は5台となっているので、友達数人で旅行する程度であれば一台レンタルしていくだけで足りますね。

連続通信時間は8時間となっていますが、実際に使ってみるとかなり発熱がありましたので8時間は保たないんじゃないかなと。

こまめに電源は切って、使うときだけ電源を入れて通信させるようにしていましたので道中で電池切れということはありませんでしたが体感では5時間程度で電池切れになりそうでしたね。

通信品質は良好で、接続がブツブツ途切れるというようなこともなかったですし速度も安定していたのでかなり快適に使えました。

バッテリーだけは少し心配ではありましたが、特に問題もなかったので使用感については満足です。

f:id:apokaru:20170605230947j:plain

ZTE MF910の詳細(イモトのWifi公式サイト)

通信量は無制限ではないので要注意!

通信料については明確にいくつまでと決まってはいませんが、無制限というわけではないようでした。

公式ページによると目安としては当日を含む直近3日間で400MBだそうです。

一人で使うくらいであればそれほど問題ないでしょうが、数人で使うとなると心もとない通信料ではありますね。

ただ、400MBを超えたら即制限されるというわけでもないようで、実際使ってみたところ3日で軽く400MBは超えていたのでよっぽど大丈夫そうではあります。

あくまで目安ではありますが、なるべくなら超えないように意識して使ったほうがいいかもしれません。

必要なときに限って通信速度が遅くて使い物にならないというのでは、せっかく用意した意味がありませんからね。

イモトのWifiの申込みから受取・返却まで

イモトのWiFiは端末の受け取り方法などが少しややこしい部分もありますので、ここでは申込みから端末の受け取り・返却までの手順について説明します。

インターネット上で申し込み。申込期限は受取方法による

申込みは基本的にインターネットからの申込みのみになっています。電話での申込みは対応していないようですね。

申込期限については受取方法によって、また地域によっても変わってきます。

受取方法は三種類あります。

①出発日当日に空港カウンターで受け取る
②宅配で受け取る
③東京本社で受け取る

③の東京本社で受け取るは近隣に住んでいる人でないと厳しいのであまり現実的ではないですね。

①の空港カウンターの受取ができる空港は、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、新千歳空港の6つとなります。

申込期限についても空港ごとに異なっています。

成田空港・羽田空港 → 出発日一日前の17時まで

関西国際空港・中部国際空港 → 出発日二日前の17時まで

福岡空港・新千歳空港 → 出発日三日前の17時まで

となります。

空港で受け取る場合は自分の利用する空港で受け取ることができるかどうかと申込期限を確認のうえ利用する必要がありますね。

②の宅配で受取る場合も、受け取る地域によって申込期限が変わってきます。

東北(宮城、山形、福島)・関東・北陸・中部・関西(京都、大阪、奈良) 
→ 出発二日前の17時まで

北海道・東北(青森、秋田、岩手)・関西(和歌山、兵庫)・中国・四国・九州 
→ 出発三日前の17時まで

沖縄 
→ 出発四日前の17時まで

同じ地方でも県によって違うなど、割とややこしいところもあるので注意ですね。

宅配の場合、出発日の前日に届くように発送されてくるのですがちゃんと届くか心配になりますね。日本の宅配は優秀なのでよっぽど大丈夫ですが、なにかしら起こらないとも言えないので……。

確実に受け取るのであれば空港カウンターで受け取るのが良さそうですが、空港カウンターで受け取る場合は混雑する場合もあるそうなので、その際は時間に余裕を持って空港に入るようにしないといけませんね。

わたしの場合は宅配で受け取りました。出発時間が早かったこともあって、あまり時間に余裕がなかったためですね。

宅配の場合はこんな感じに宅急便コンパクトで送られてきます。

f:id:apokaru:20170605225553j:plain

中身はこんな感じ。ポーチの中にルーター本体、充電器、説明書が入っています。

f:id:apokaru:20170605230725j:plain

返却も空港で

返却方法についても3通りの方法があります。

基本的には受取のときと同じですね。

①空港カウンターで返却する

②宅配で返却する

③東京本社に持ち込んで返却する

こちらは空港カウンターでの返却が一番お手軽でオススメですね。返却できる空港も、受け取り時と同様となります。

返却期限は、空港カウンターでの返却の場合は帰国日当日、配送での返却の場合は帰国日の翌日までが期限となります。本社に持ち込んで返却する場合は帰国日の二日後までですね。

空港で帰しそびれた場合は、連絡せずに宅配で返却してしまって問題ないようです。実質帰国日の翌日発送が返却期限ということですね。

なお、期限内に返却できない場合一日あたり2000円の延滞料がかかりますので注意してください。

イモトのWifiの料金と支払い方法

料金プランについては行き先の国にもよって変わってきますが、短期の場合は基本的には3Gプランか4G/LTEプランのどちらかから選ぶことになります。

行き先によって値段も変わってきますので、今回は行き先を台湾として紹介します。

3Gプラン → 一日あたり680円

4G/LTEプラン → 一日あたり1280円

今回わたしはせっかくレンタルWifiを持っていっても3G回線が遅くて使いものにならないのはまずいということで、4G/LTEプランを利用しました。

ちなみに4G/LTEプランでの他の国場合の料金をざっくりスクリーンショットで紹介します。

f:id:apokaru:20170605224726j:plain

f:id:apokaru:20170605224736j:plain

また、いくつかのオプションも存在します。

モバイルの充電器や源電タップのレンタルなどがありますが、このあたりは自分で用意した方がいいと思いますね。充電器などは国内でも使い道ありますし。

ただ、盗難紛失時の保証は入っておいてもいいかもしれません。紛失時には本体・ポーチなどを合わせて45000円の弁償をしないといけないため、念のため入っておくことをオススメします。

一日あたり300円ですので安心を買うと思って入っておくべきかなと思います。

f:id:apokaru:20170605225234j:plain

なお、支払い方法はクレジットカードのみとなります。

まとめ:使用感は良好、十分にオススメできる

海外へ行くのにWifiをレンタルしていくというのが今回はじめての経験で、日本国内では通信するかどうかも確認できないので現地につくまで使えるかどうかも不安だったんですよね。(そもそも海外に行った経験がほぼない)

ただ、色々と不安はあったものの特に問題なく使えたので十分満足していますね。今回は3人で使用しましたが通信料の目安を超えてしまっても低速に制限されることもなかったですし。

端末に関しても、思ったよりも発熱がきついなとは思いましたが電池持ちについても最低限は使えるぐらいはありましたのでそれほど不自由はしませんでした。念のためモバイルバッテリーも持っていたのでそのあたりもケアできていましたしね。

現地でシムを用意するなどすれば値段に関してもたぶんもっと安く済ませられる思いますが、細かい下調べせずにこれくらいの値段で利用できるのであれば十分かなと思います。国際ローミング使うこととか考えたらなおさら。

3人で割り勘したのもあって値段的にもかなり抑えられましたしね。

ということで実際に使ってみた感想としては非常に満足しております。満足度高し!

簡単手続きでさくっと使えますので、イモトのWifiおすすめです。海外旅行のお供にはぜひどうぞ。

それではまたー。