APOKARU POST

ジャニヲタファイナルブログ

劇場版ポケットモンスター2017「キミにきめた!」感想!リメイクよりアナザー作品としておもしろかった

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

劇場版ポケットモンスター2017 キミにきめた!を観てきました。

ポケモンの映画を観るのはどれぐらいぶりでしょう、劇場で観た記憶にあるのはダイパのディアルガVSパルキアVSダークライかなぁ。10年前か。

さらにはアニポケもたぶん金銀ぐらいから観てない。サンムーンも一回も観た記憶ないですねぇ……。

今回はアニポケ20周年&サトシの旅立ちリメイクということでいてもたってもいられなくなり観に行きました。ちなみに23時からのレイトショーで観てきました。子供向けアニメでもこんな時間までやってるんだなぁ。

最初にざっくり感想を書いちゃうと、リメイク作品というよりもアナザー作品として観ればかなり面白かったかなーと。オリジナルのアニポケが大好きだって人にはちょっと勧められないですよね、さすがに。

ということで、今回は劇場版ポケットモンスター2017キミにきめた!の感想です。

※ネタバレありありですので気にする方はバック推奨です。

f:id:apokaru:20170716173652j:plain

キミにきめた!の世界観

キミにきめた!の舞台は、サトシの旅立ちということでマサラタウンからはじまりカントー地方が舞台となっています。

ただ、メタ的な意味でアニポケ放送開始当初では存在していなかった金銀以降の舞台の地方なども最初から存在しているので、他の地方からきたトレーナーって設定も自然に出てくるんですよね。

今回のメインキャラのマコトとソウジにしても別地方からきたキャラクターということで、これって今までのアニポケのサトシの立場になっているんですよね。従来のアニポケではサトシが毎回違う地方に行く側でしたからね。

なんというか、スタート地点が違うんですよね。ここまで広がったポケモン世界に旅立つサトシと考えると、そりゃもうまったく別物の話になってきますよねと。

そういう点で考えると、ジムリーダーであるタケシやカスミと旅するというよりは違う地方からきたトレーナーたちと一緒に旅するっていうのは自然だよなぁとも。

初代のリメイクならタケシとカスミは必須だろって意見も分かるんですけども、だからこそこのキミにきめた!はリメイク作品というよりも、パラレル作品、アナザー作品として捉えるのが一番しっくりくるのではないのかなと思います。

これまでとはまったく別物の、新しいサトシとピカチュウのお話であると考えると収まりがいいですよね。

キミにきめた!の良かった点

世界観とかそういったものについてのお話はこのへんで、ここからはざっくりキミにきめた!の良かった点、良くなかった点についてです。

基本的には非常に楽しめたのですが、ちょっと気になる部分もあったなぁというのが個人的な評価です。

冒険してる感がすごくよかった

キミにきめた!ではなんというかすごい冒険してるって感じがあってよかったですね。

アニポケ放送直後ってこんな感じだったよなーって懐かしく思いながら観ていました。

ゲーム本編のポケモンをはじめてプレイする時もこんな感じで、はじめての冒険はなにが起きるかわからないワクワク感というか、そういうのがすごくでてて観ていてよかったです。

ピカチュウめちゃくちゃかわいい

アニメのポケモン自体を観るのがめちゃくちゃ久しぶりということもあるのですが、とにかくピカチュウがかわいかった!

サトシと出会った直後の尖ったちょっと性格の悪そうなピカチュウも小悪魔的可愛さがありましたし、デレてからのピカチュウもめちゃくちゃかわいかったですね。

ピカチュウがしゃべったシーンはちょっとびっくりしましたけど、ピカチュウのサトシに対する思いがそのまま伝わってきて良かったですね。

ひたすらピカチュウが可愛かったことに関してはもう誰も異論はないのかなと思います。やっぱりピカ様がナンバーワン!

リザードンVSガオガエンのバトル!

最近ではゲッコウガだったりするようですが、個人的にはサトシのエースポケモンといったらやっぱりリザードンなんですよね。あ、ちなみにピカチュウは相棒枠あるいは嫁枠。

リザードンのバトルシーンはそりゃもうめちゃくちゃかっこよくって、ガオガエンとの炎御三家対決は熱かったですね。

地球投げがメインウェポンなのもそういえばそうだったなぁと思いながら懐かしく、サトシのリザードンはやっぱり特別ですよね。

フシギダネやゼニガメは出てこなくって、リザードンとバタフリーぐらいしかサトシのポケモンは出番はないわけですが、まぁこのへんはポイントを絞ってのことですし良かったと思います。

バイバイバタフリーも映画だけでみるとかなり薄味ですが、もともとTV版を観ていたからこその感動がありましたしね。

キミにきめた!の良くなかった点

マーシャドー関係全般

マーシャドー関係は正直全部なくってよかったかなーってレベルで、この子は結局なにがしたかったんだろうなって。

ついてきてるだけかなと思ったら急にイキりだして襲い掛かってきて終いにはサトシ死んでしまうという……。生き返り方もよくわからんしで、後半はかなりしっちゃかめっちゃかでした。

マーシャドーとのバトルよりもホウホウとのバトルのほうが観たかったなぁってのもあるし。いや、ホウホウとのバトルのボカした感じはそれはそれですごくいいんですけども。

リザードンVSガオガエンのバトルまではすごく楽しかったので、ラストの展開だけはちょっとなーって感じでした。

耳が痛かった点

蛇足ではありますが、クロスの弱いポケモンには価値がない的なくだり。ここに関しては耳が痛いといいますか。

ゲーム本編で厳選を繰り返して微妙な個体はさんざん逃してきている身としてはね。

レートなどでポケモン対戦に勤しんでいる方たちは心をえぐられることになるかもしれませんね。

キミにきめた!の続編展開もあり?

気になる点は少しあるものの、概ね楽しめたポケモン映画でした。

劇場版シリーズとしてこの世界観での続きのポケモンを作っていってくれてもいいかもしれませんね。この続きというのも正直見てみたい気持ちがあります。

マコトとソウジも嫌味のないいいキャラでしたし、このメンバーで続いていくのも悪くないですよね。

来年もポケモン映画は続いていくようですしどういった展開になるのかもわかりませんけども。観に行くかもちょっとわからないけど……。

まぁそんな感じで、キミにきめた!はおもしろいポケモン映画でしたので観に行こうか迷っている方にはぜひオススメします。それではまたー。