APOKARU POST

ジャニヲタファイナルブログ

「左門くんはサモナー」が連載終了……。少し寂しいけど素直に沼駿先生の次回作に期待したい

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

週刊少年ジャンプ27号にて、左門くんはサモナーの連載が終了となりました。

今のジャンプの連載陣ではかなり好きなマンガの一つだったので今回の終了は寂しい。

BLEACHやNARUTOのような長期連載陣が終わったときもそうでしたが、好きなマンガが終わってしまうというのは打ち切りかどうかにかかわらず寂しいものです。

今回は予告無しでの終了でしたのでなおさらですね。まぁ、先週あたりから明らかに終わりそうな雰囲気はあったんですが。

ひとまずは、沼駿先生にお疲れ様でしたといいたいですね。ギャグ漫画で10巻分まで続いたというだけでも相当なことだと思います。

バランス感覚のいいギャグマンガだった

この左門くんはサモナーというマンガ、非常にバランス感覚のいいマンガだったと思います。

第一話を読んだ時点では、なんというか主人公がだいぶヘイトを溜める感じだなーと思ったんですよね。

最近のギャグマンガの傾向として、馬鹿なキャラはいても根が悪いやつってのはメインキャラにはいないんですよね。ジャンプで現在連載している斉木楠雄のψ難や青春兵器ナンバーワンもそんな感じですね。

だから第一話を読んで、嫌いな感じではないけどたぶん打ち切られるんだろうな-なんて思ってたんです。

ところがそこから数話もしないうちに左門くんのヘタレな部分が出てきて、なんつーかただの嫌味なキャラから無理して強がってる陰キャラみたいになってきたんですよね。ってかポンコツ?

主人公を雑に扱ったりもするので、嫌味なキャラはそのままでもあまりヘイトを溜めないキャラに仕上がってきました。

このあたり、バランス感覚すごいな~なんて思いながら読んでました。

もちろんツッコミがいちいちセンスよかったりだとか、テンポの良さだとかはホント他の作品にはなかったものだったなぁと思います。

いやー、やっぱりここで終わってしまうのは惜しいよなぁ。

打ち切るにはいいタイミングではあった?

ただ、個人的には打ち切るのにはいいタイミングではあったのかなとも思っています。

一時期はプッシュされていましたが、最近では掲載順もドベ5付近をウロウロとしていましたし、人気的には頭打ち感がありましたね。

正直編集部からもこれ以上は上がり目はないと判断されても仕方ないのかなと。

なんならいっそこのあたりで目処を付けて、次の作品の注力するというのも一つの手でもあるように思えますしね。

バクマンでもそういったのありましたよね。福田さん。

左門くんはサモナーの場合はしっかりとまとめる時間ももらえたようですし、打ち切りではあるのでしょうが書ききった円満完結でもあると思います。

次回作にご期待下さい!の煽りを素直に受け止められる漫画だった

ジャンプの打ち切りマンガには定番の、~先生の次回作にご期待下さい!の煽り。

f:id:apokaru:20170605213613j:plain

いつもの打ち切りマンガだったらはいはいクソ漫画乙。もう帰ってこないでいいからね、なんて思ってたりもするんですが。ポセイドン学園とかああいうのね。

沼駿先生に関しては素直に次回作に期待したいと思えますね。

最近のジャンプでは打ち切り経験者が帰ってきてしっかりと結果を出していますしね。ジャンプの育成力は上がっている?

現在連載陣の中でも、

詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。 → ハイキュー

逢魔ヶ刻動物園 → 僕のヒーローアカデミア

賢い犬リリエンタール → ワールドトリガー

などが打ち切り経験からしっかりと実力をつけて帰ってきた作家さんたちですね。え?バルジ?知らない。

これらの作品は打ち切り作品ではあるものの、コアな人気があったりと一方的なクソ漫画というわけでもなく一定の評価を受けていたマンガでもありました。

このあたり左門くんはサモナーと通じるところもありますし、沼駿先生がジャンプ本誌に戻ってきて更に面白くなったマンガを読ませてくれることに期待してしまいますね。

ということで沼駿先生、約2年弱の連載お疲れ様でした。また沼駿先生のマンガが読める日を待っています。