読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

ジャニヲタファイナルブログ

関ジャニ∞38thシングル「なぐりガキBEAT」レビュー!特典DVD「7人だけの新年会2017」もアツい!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

2017年、関ジャニ∞新年一枚目のシングルが発売されました!

今回リリースされたなぐりガキBEATはメンバーである横山裕主演映画の主題歌でもあります。

このシングルは、2016-2017ツアー関ジャニ'sエイターテイメントですでに披露されていた曲でして、わたし自身ツアーにも参戦したのもあって今回の発売が楽しみでした。

会場でリリース前の曲を聴くというのは初めてでしたけど、エイトらしいノリやすい曲で楽しかったんですよね。

ということで、新作レビューいってみようと思います。新春特盤の特典DVDについても語っちゃいますよ!

f:id:apokaru:20170126160323j:plain

三形態でのリリース!

上にも書いたように、毎度おなじみ今回も三形態でのリリースとなっています。

いつもなら初回限定盤A・Bといったところですが、今回は初回限定盤、通常盤、そして新春特盤となっています。

それぞれの内容としては、

初回限定盤

一曲収録

  1. なぐりガキBEAT

特典DVD

  1. なぐりがきBEAT ミュージックビデオ、メイキング映像

通常盤

四曲収録

  1. なぐりガキBEAT

  2. Tokyoholic

  3. BJ

  4. なぐりガキBEAT(オリジナル・カラオケ)

f:id:apokaru:20170126160434j:plain

新春特盤

一曲収録

  1. なぐりガキBEAT

特典DVD

  1. 7人だけの新年会2017

f:id:apokaru:20170126160440j:plain

となっています。

今回わたしが購入したのは通常盤と新春特盤の二つ。ミュージックビデオに興味ないわけじゃないけど、収録曲一曲でミュージックビデオだけのCD買う気にはなれんですわ……。

通常盤収録の四曲と、新春特盤の特典の7人だけの新年会2017についてレビューしていきます。

なぐりガキBEAT収録全曲レビュー

なぐりガキBEAT

今回のシングルの表題曲にして、前述したようにツアーでも先行して披露されたこの曲。

ほかにも関ジャムで聴いていたりと、実はリリース前に結構な回数聴いています。

ただ、関ジャニ∞の曲を聞くと毎回思うことでもあるのですが、やっぱりテレビなどで聴くだけじゃなくCDの音源をしっかりと聴かないといけないなと。

ジャジーな雰囲気のブラスの響く導入部、バンドの音が一気に重なって分厚い音が迫ってくる。

なんとうか、この音圧がすごくいいんですよね。基本的にブラス中心の明るいメロディながらもしっかりと演奏がされていて。ホントに音が分厚い。

目立つのはブラスでも、ギターの音はしっかりと鳴っていて、ベースもよく響く。関ジャニ∞らしさ全開で、ノリやすさ重視のメロディと、それでいてしっかりと作り込まれた感じの楽曲が非常にわたしの好みです。

パート割としてはソロ少なめのユニゾン中心。入りの部分の丸山・大倉のユニゾンがめちゃいい。大倉の下ハモがいかにも関ジャニって感じで王道的展開。

二番はソロ多め。横山ソロが際立つ。安定感のなさと少しがなる感じはいつも気になるんだけど、この声質はすごく好き。

間奏後のすばるのソロパート。すばるのソロ聴くと安心する。いかにもエイトって感じで、やっぱり関ジャニ∞の中心に渋谷すばるがいてこそなのだなと。

ラストのKnock Up The Scrawl Beat!!ってところも良い。なぐりガキBEATって英語はこれであってるのか?かっこいいからいいのか。

ノリのいいポップチューンながらも相変わらずに関ジャニ∞らしさの詰まった曲に仕上がっていますね。

Tokyoholic

NOROSHIの特典映像のセッションから、エイターテイメントコンサートでは歌詞付きで披露されたこの曲。

いやもうね、ライブでもむちゃくちゃ盛り上がった曲だけどホントにかっこいい!ロック!めっちゃロックンロール!

弾むようなリズムのベースリフとタンバリン、ザクザク刻まれるギター。ロックバンドとしての関ジャニ∞がどれだけかっこいいかわからせるこの一曲。

バンド曲の場合はパートはすばると錦戸が中心になるんだけど、この二人のツインボーカルってやっぱ強い。

そしてこの曲は錦戸作曲というあたり、とにかく関ジャニ∞のポテンシャルの高さがやばい。

この曲を音源化してくれたのはホントに嬉しい。生で観るライブ感溢れる演奏もすごかったけども、これを音源で何度も聴けることはやっぱり素晴らしいことだ。

BJ

メンバー自身が大切な曲といろんなところでも言っているこの曲。最近の流れですかね、HeavenlyPsychoに続く再録曲。Do you agree?も含めて良いのかな。

実はわたし、この曲の音源を持っていなかったのでそれだけでも単純に嬉しい。わたしがはじめて観たDVDが8estで、収録されていたBJは個人的にも印象深い曲でもあります。

もはやこの曲の良さについては語るまでもないって感じではあるんですけども。

少ない音数でメロディが作られていて、ある意味でなぐりがきBEATとは間逆な感じで、こういった音作りもできるエイトの振り幅。

なぐりガキBEAT(オリジナル・カラオケ)

なぐりがきBEATのボーカルレスのカラオケ。このカラオケって実はすごい好きで。

演奏の良さを純粋に楽しめるというか、ボーカル無しで聴いても楽しめるアイドルグループってよくよく考えたら凄い。

通常盤を購入したときの毎回の楽しみですね。まぁそう何度も聴くものでもないんですけどね。

新春特盤特典DVD「7人だけの新年会2017」

この企画はすばるプロデュース!もう新年会ってだけでめっちゃ楽しそうなのがわかる。

CDの特典映像ながら収録時間60分超えのボリューム。すごいな。

もう最初の電話するシーンからおもしろい。大久保のくだりとかマルちゃんが臭いだとか。

錦戸に電話するシーンの気まずいコンビのいかにも気まずいコンビらしい雰囲気。バイバイを言うためにわざわざかけ直すヤスだとか、なんかもういちいちおもしろい。

メンバーそれぞれの私服姿もなんか新鮮というか、みんなそれぞれ個性出てて面白いなっていう。

メンバーがプライベートでカラオケで歌う楽曲とかいい企画。高くて歌えない大倉には笑う。

メンバー全員がマジで楽しそうで、そんでもってそれを観ていてやっぱり楽しくなれます。

この人達はホントに仲いいよなー。

余裕でこれを観るためだけでも1000円くらい払う価値があります。

テレビとかじゃあ絶対観ることのできない関ジャニ∞のいち面ですね。エイターなら必見です!

ということで

楽曲よし、特典よしと、見どころたくさんの今回のシングルです。

アルバムがなかった一方でしっかりとシングルに力を入れてくれているのはファンとしてはホントにありがたい限り。

今年はアルバムに夏のドームツアーに、すでに楽しみが盛り沢山なのでね、いい年になってくれればなと思います。

以上、関ジャニ∞のニューシングル「なぐりがきBEAT」の感想でした。それではー。