読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

9月のキンドル本月替りセールからオススメ本をピックアップしてみた!

いろいろ紹介 読書・本 読書・本-おすすめ本 読書・本-書籍紹介 電子書籍 電子書籍-Kindle

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

9月です!9月!一年もすでに3分の2が終わっちまったみたいです!

あれですねー、8月から9月に切り替わっただけでなんか夏から秋に変わってく感がありますねぇ。未だにクッソ暑いんだけど。

ということでKindle本の9月の月替りセールか気になった本、おすすめしたい本をピックアップしていきます!

普通にしてたら手に取らないだろうなーって本と出会うチャンスですから、ぜひともこの機会を逃さないことをおすすめしますよー。

Kindle本9月月替りセール気になるおすすめ作品!

ハガレンの1巻が半額

まぁ一巻だけではあるんですけど。ハガレンこと鋼の錬金術師はもうホントにむっちゃくちゃ面白い漫画ですので、もし読んだことがないって方はまずはこの一巻だけでも読んでみてはいかがでしょうか。

一巻を読んで合わないかなーって思った人はそのまま読まないでオッケーですけど、ちょっとでも面白いって思ったらそのまままんが喫茶にごー!

なんならKindleでまとめ買いもできますからね、鋼の錬金術師は超おすすめ漫画です。

まとめ買いでは割引はほとんど無いんですけど、アマゾンポイントが20%還元なので割りとありかもです。ポイントはもしかしたら期間限定かも?

空気の研究!?

なんかすごそうな本があったので紹介。

空気の研究の本らしい。わたしたちが生活できるのは空気のおかげ。となれば空気のことを知らない訳にはいかない。

ってことでなんかおもしろそうな本です。空気空気空気嫁。空気は吸うもんじゃない、読むもんだ。

睡眠大事!

寝坊の大半は二度寝だって言うように、睡眠の質はすごく大事。寝坊対策にもなる。

室の高い睡眠が取れていればよっぽど寝坊だってしないはずなんです。すっきり起きられたら二度寝なんてしまいもんね。

ということで睡眠関係の本はこの本にかぎらず基本的におすすめです。寝ない生活なんてあり得ないんだから、できるだけ改善していきたいところですよねー。

Evernoteはすっごく使えるツールなんだけどね

端末数制限などでいろいろと改悪が騒がれたEvernoteですけども。

これほど使ってる人と使ってない人の評価の差が激しいツールもなかなかないんじゃないのかなーって思います。

結局のところはただのメモ帳でしかないんですけど、でも使ってるとこれしかないよなーってなるんですよね。

Evernoteを使いこなしたいって人にはまずこの本をおすすめしておきます。なんで使ってる人がいるんだろうって疑問が解決するんじゃないのかなーって思います。

LP作成の指南本。アフィリエイター向けかな?

わたしはそもそもランディングページってものを作ったことすらないからあれなんですけども。

アフィリエイトをやる上ではランディングページを作る技術って結構求められそうな気がします・

これからアフィリエイトをやってこうって人にはオススメかもしれませんね。わたしもとりあえず読んでみるだけ読んでみよっかなーって思ってます。

9/8まで!講談社のコミックまとめ買いセールからピックアップ!

先月から講談社のコミック作品のまとめ買いセールが行われています。全点20%オフですので、気になる作品はこの機にポチっとどうぞ!

久保ミツロウ/アゲイン

ジャニーズWESTの藤井流星くん主演でドラマ化もされたこのアゲイン。神ちゃんもでてるよ!

ラストはかなり賛否両論ですけど、わたしはこの作品結構好きでして。少なくとも青春マンガとしてはよくできてると思うんです。

ラストはおいておいても、中盤までは間違いなく面白い漫画ですのでおすすめですよー。

綾峰欄人/GetBackers-奪還屋-

幼いわたしの中二心を思いっきりくすぐってくれたGetBackers。

なんだかんだで絵も綺麗で設定も凝ってて、めちゃくちゃおもしろい作品です。

いやでもやっぱりこの作品の一番は中二感だよなー。わたしの中ではそれこそBLEACHと双璧です。

朝基まさし、安童夕馬/クニミツの政

サイコメトラーから生まれた政治漫画。わたしはエイジよりもクニミツの政のほうが好きですね。

典型的なマガジンマンガのテンプレと、しっかりとした政治の描写と。難しいことを簡単に説明してるあたり、よくできた作品だと思います。

そしてなによりも単純におもしろい。クニミツが無茶する感じなどは頭空っぽにして楽しめますね。

押見修造/惡の華

クソムシで親しまれたこの作品。

序盤から中盤にかけて変態的なことばっかやってんなーと思ったら後半にかけてしっかりと青春マンガになっちゃうという。

読み終わったあとの、ちょっと渇いた爽やかさはたぶんこの作品でないとなかなか味わえないんじゃないのかなと思います。ぜひとも読んでみてほしい。

漆原友紀/蟲師

とりあえずなんかあったらこいつは蟲の仕業だなって言っとけば大概何とかなる、そんな作品。

基本的には一話完結なので読みやすく、この独特の世界観というか空気感というか、たぶん好きな人はめっちゃ好きになるんじゃないのかなーって作品です。

少年漫画らしいドキドキハラハラなおもしろさではないですが、ちょっと落ち着いた読み応えのある作品じゃないかなーって思います。

ということで以上こんな感じです。気になったモノがあればポチっちゃってくださいなー。

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。