読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

子供にプログラミングを習わせたいって親はIT土方にでもしたいのかな?

お金 名状しがたき雑記のようなもの

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

最近の調査によると、子供にプログラミングを習わせたいという親が増えているらしいです。

zasshi.news.yahoo.co.jp

記事によると、

また、「何の習い事をさせたいですか?(させたかったですか)」という問いでは、第1位が「英会話スクール」(192)、第2位が「プログラミング教室」(109)、第3位が「そろばん教室」(103)という結果になった。

というように、なんだかんだでトップは英会話のようですが。

なんでプログラミングなんだろうかって考えてみると、そもそも親世代がプログラミングについて知識がないというか、変な幻想のようなものを持っているんじゃないかなぁと。

別に業界を非難だとかそういうことをしたいわけではないので悪しからず。もちろんそこで働いている方々に対してどうこうというわけでもありません。

親世代のプログラミング業界の認識

そもそもです、親御さん方がプログラミングだとかSEの業界についてどれくらい知っているのかなということなんですけども。

ブラック企業だったり過酷な労働状況を言うデスマーチなんて言葉はそれこそこれらの業界の代名詞みたいなものなわけです。

もちろん業界のすべてがそうではないんでしょうけど、プログラミングを習わせたところでその先にどういった世界が待ち受けているかということを親世代がどれだけ理解しているのかなぁと。

さらには、あんまり職業差別的な物言いはあまり好きではないんですけども、下請け企業のさらに末端のプログラマーなどはIT土方なんて揶揄されたりもするわけで。

プログラマーっていうとなんか凄そう!ってイメージを持っている人も多そうだけど、実際はそんな華やかなものではないと思うんですけどね。

10年後に通用する技能なんてもはやあり得ない

習い事をさせたい親の感覚としては、できるだけ将来のことを考えて役に立つモノを習わせてあげたいと思っているんでしょうけど。

そもそも、これだけ変化の激しい現代において10年後も通用するようなスキルなんてどれだけあるんだろうなっていうね。

プログラミングだって小さい頃から習っていたって、いざ大人になったときに技術として周回遅れなんてことになっている可能性は存分にあるわけです。

もちろん基礎ができていることのメリットもあるんでしょうけど、そのレベルならおとなになってからの学習で十分間に合うんじゃないのかなぁと。

教えるべきは学ぶことの楽しさ

むしろ子供の頃に教えるべきことは、勉強って楽しいって感覚じゃないのかなと思います。

子供のころは強制された学校という場所での勉強がどうしても中心になってしまうこともあって多くの子供が勉強嫌いになりがちですけど、本来学ぶこと自体は楽しいことだと思うんですよね。

自分の興味あることを知っていくのって楽しいことじゃないです?あ、そうでもない?いやいやそんなことないっしょ。

それこそ義務教育の学校での勉強ってのはあくまで練習でしかないというか、大人になってからが勉強の本番だってことを親が子供に教えてあげる必要があるんじゃないのかなって思いますよ。

自分から学んでいく事ができない人が駆逐されていくような未来は実はすぐそこに来てんじゃねーのかななんて思っているんですけどね、どうなんでしょうね。

お金の稼ぎ方を教えればいいのでは?

つーかそもそも矛盾してない?って思うんですけどね。この記事の最後の方にはこんなことも書いてあるわけです。

「子どもの頃に学んでおけばよかったことをすべてお選びください」という問いに対して、回答の上位3項目は「お金の稼ぎ方」(402)、「コミュニケーション力」(312)、「プレゼン能力」(299)となった。

あれ?だったらお金の稼ぎ方を教えればよくね?っていう。なんでプログラミングや英語を習わせようなんてことになるんだろうかね。

これって結局のところ親御さん自身がわかってないってことですよね。

英語やプログラミングができる人がお金を稼げるんではなくって、稼ぐ力を持っている人がそういった技能を使ってお金を稼いでいるだけだっていうね。

まぁわたし自身お金を稼げてるわけでもないし、お金の稼ぎ方なんてものに明確な方法論みたいなものがあるのかどうかもわかんないんですけど。

でも、例えば子供の頃からお金に関することを家族で話すようにするだとか。お金に対して考える機会を増やしてみることが大事なんじゃないのかなと。

関連記事→親子でしっかりと「お金」の話ができる家庭が実は健全なんじゃないのかな - APOKARU POST

要するに自分の子供に稼げる人間になってほしいってことなんでしょうから、それならまずはお金に対する距離感のようなものを感じさせないようにすることが必要なんじゃないのかなぁと思います。

とりあえずはそれを家庭のレベルからやってみてはどうかなと。同時に親自身もお金に対する距離感を取っ払えられたらなお良し。

技能だとかそんなものは二の次だと思うんです。そう考えれば、子供の頃に習わせるべきは将来役に立ちそうなものよりも子供が進んで習いたいと思えるようなものになるんじゃないのかなと思いますね。

ということでこのへんで。以上、あぽかる(@apokaru)でした。