読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

ASUS「Chromebook Flip C100PA」購入レビュー

いろいろ紹介 いろいろ紹介-ガジェット

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

前々からほしいなーと思っていたChromebookですが、先日かなり衝動的に買ってしまいました。

ChromebookはChromeOSを搭載したノートパソコンで、シンプルな作りではありますがいじくっていて非常におもしろい端末だなーと思います。

このレベルの端末が3万円程度で購入できるのはマジですごいなーと。

なかなかこの手のメインストリームから外れた端末を購入する機会もないので、せっかくだから購入レビューなんてものをしてみようと思います。

Chromebook Flipのスペック

Chromebook Flip C100PAのスペックはこんな感じです。

  • CPU:Rockchip Quad-Core RK3288C(クロック周波数:1.8GHz)

  • OS:Chrome OS

  • RAM:2GB

  • ディスプレイサイズ:10.1型

  • ディスプレイ解像度:1,280×800ドット(WXGA)

  • 内部ストレージ:16GB

  • カードリーダー機能:microSDXCメモリーカード/microSDHCメモリーカード/microSDメモリーカード

  • カメラ機能:92 万画素Webカメラ

  • 無線LAN:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

  • Bluetooth機能:V4.0

  • インターフェース:USB 2.0×2、ヘッドホン・コンボジャック×1、microHDMI (タイプD)×1

  • サイズ:幅262.8 mm×奥行き182.4 mm×高さ15.6 mm

  • 質量:約0.89 kg

スペックだけ見ると、今時のスマホ以下にしか見えなかったりします。とはいえ、このスペックでも十分に動作するのがChromebookの凄いところでもあります。

メモリに関しては海外モデルでは4GBのものがあったりするんですが、かなり衝動的に買ったのもあってわざわざ輸入して購入するという選択肢は最初からありませんでした。

まぁ物足りなかったら即効撃っちゃおうかなと思ってたくらいだったので、それこそ率先して人柱になるくらいの気持ちでした。

ディスプレイはタッチパネル機能あり、解像度については1280×800と、最近の端末にしては物足りないところではありますが。

ただ、これは個人的な感覚ではあるんですけども、10インチクラスの端末にフルHDくらいに解像度だと、文字が細かすぎて見難いなーと思うんですよね。

実際、これぐらいの解像度でも使っていて画質が気になるってことはよっぽどないですからねー。わたしとしてはこれくらいで必要十分です。

また、映像の出力には1980×1080まで対応しているので、テレビなどには高い解像度で出力することができます。

カードリーダー、ウェブカメラにBluetooth搭載で、USBも2つ、HDMI出力にイヤホンジャックもあります。このサイズに端末にしては贅沢なほどなので、この辺りに関しては非常に満足です。

重量に関しても900グラム程度と、一般的なタブレット端末よりはやや重くMacBook Airよりは少し軽いくらいの重量となっています。

個人的にはタブレット的な使い方をするには少し重いかなとは思いますが、これだけ軽いと持ち運ぶ時などはありがたいですね。

Chromebook Flipの外観

メタル筐体の質感は文句なし

ボディは全面メタル素材で質感もよく、値段からは考えられない高級感があります。

f:id:apokaru:20160820233838j:plain

ただ、これってロゴの向き逆じゃない……?手前から開くんだけどな……。

ディスプレイのベゼルは太め。開いた時のデザインはMacBook Airっぽい。でも決して安っぽい感じではなく、パチもん感はないですね。

f:id:apokaru:20160820234420j:plain

薄型ボディにもしっかりついている外部端子。メモリーカードがついているのは意外とありがたいですね。

f:id:apokaru:20160820234709j:plain

スピーカーは裏面についています。

f:id:apokaru:20160820235007j:plain

Chromebook Flipならではの変形機構はめっちゃかっこいい!

このChromebook Flipの一番の特徴は、なんといってもこの変形機構

180°回転するディスプレイは変幻自在。従来のノートパソコンスタイルだけでなく、例えばこのテントスタイル

f:id:apokaru:20160820235511j:plain

ノートパソコンスタイルよりも省スペースで、狭い机の上などにもおけます。

また、完全に逆側に倒せばタブレットスタイルに。タッチパネル搭載なので、この状態でも十分使用可能です。

f:id:apokaru:20160820235717j:plain

この状態にすると裏側はキーボードむき出しですが、触っても動作はしないようになっています。

f:id:apokaru:20160820235757j:plain

やっぱり男の子にとって変形ってロマンだと思うんですよね。さらにそこに利便性があるとなればもう完璧でしょうよと。

Chromebook Flipの使用感

起動が早い!動作も思った以上にサクサク!

まず最初に驚くのは、その起動の早さ。SSD搭載の一般的なPCと比べても明らかに早いです。

そして動作も思った以上にサクサク動きます。この端末のメイン用途はおそらくブラウザになると思うのですが、ウェブサイトをブラウジングするくらいならほとんどストレスなく使用できます。

あまりタブを出し過ぎるとさすがにメモリがきつそうではありますが、ブログを書くぐらいの作業なら問題なくこなせます。

キーボードがかなり打ちやすい!

この手の小型のモバイルノートにつきまとうのが、キーボードが打ちやすいかどうかです。VAIO DUOなんかはキーボードがむちゃくちゃ打ちにくかった。

Chromebook Flipでは小型ながら十分なキーピッチが取られていて、またキーのストロークも筐体が薄いなか思った以上に深くて、キーボードはかなり打ちやすいものになっています。

その一方で、一般的なキーボードならファンクションキーがあるところには独自のキーが設定され、またシフトキーの上に検索ボタンがあるなど、多少は慣れないと使いにくさを感じる仕様にもなっています。

とはいえ、そのあたりは少し使っていればほぼ気にならなくなると思います。それくらいに打ちやすいキーボードに仕上がっていますので。

タッチパッドもかなり使いやすい!

従来、わたしはあまりノートパソコンのタッチパッドは使っていませんでした。それこそ、ノートパソコンでもUSBマウスを使うくらいに。

ただ、Chromebook Flipのタッチパッドはかなり使いやすく作られていて、動きもスムーズでマウスを使わずともストレスを感じることなく操作することができます。

キーボードの打ちやすさといい、タッチパッドの使い勝手の良さといい、入力デバイスがしっかりと作られている端末は

バッテリーも全然減らない!

バッテリーは非常に長持ちです。公式では駆動時間が約9時間となっています。

体感的にもほぼその通りで、一回の充電で7~8時間位は使用できます。

さらにスリープ中は本当に電池が減らないので、それほど連続使用をしないのであれば週に一回くらいの充電で事足りると思います。

やっぱり外で使うことを考えると、単純にバッテリーの持ちがいいのはありがたいですね。

Androidアプリも動く!

Chromebook Flipでは、Chromebook上でAndroidアプリを動かすことができます。ただ、現状ではdevチャンネル(開発者用チャンネル)に変更しないと使えないので、何かあっても自己責任という形にはなってしまいます。

とはいえ、Androidアプリが使用できるようになることでChromebookの有用性は跳ね上がります。

例えば、これまでは読むのが難しかったKindle本も、Androidアプリを使うことで問題なく読むことができます。

f:id:apokaru:20160821002510j:plain

スマホ用のゲームだってできます。ファントムオブキルも普通にプレイできます。

f:id:apokaru:20160821002536j:plain

その一方で、アプリによっては利用できないものもあるようです。

それでも、Androidアプリが使用できるようになったことでChromebookはめちゃくちゃ使えるデバイスになりました。

AndroidアプリのOfficeも使えるので、わざわざグーグルのスプレッドシートやドキュメントを使わなくてもそのままつ空けるのは非常にありがたいですね。

Chromebook Flipのちょっと気になるところ

たまにブラウザがクラッシュする

メモリが少ないからでしょうか。たまにブラウザがクラッシュする時があります。

ただ、別に復元ができないってわけでもなく、単に一度リフレッシュすればすぐにまた使えるのでそれほど気にはなりません。

値段とスペックを考えれば十分許容範囲ですよ、こんなものは。

内部ストレージには気を使う

内部ストレージは16GBしかないため、ほとんどファイルはいられられません。

ただ、Google Driveなどのクラウドストレージを使うことでそれらの多くは解消できたため、それほど気にはなりませんでした。

さらに、Chromebook利用者はボーナスで2年間Google Driveが100GBまで使用することができたため、保存先に関してはなんの問題もありませんでした。

それが今回Androidアプリを利用できるようになったことで少し話が変わってきました。さすがにAndroidアプリは本体内にいれないと起動しないため、必然的に本体のストレージを圧迫することになります。

このあたり、Androidアプリが使えるようになったことで便利になった一方で少し気にしないと内部ストレージがすぐに埋まっちゃうことになりかねないので、注意が必要かなーと思います。

まとめ:必要十分な機能で、サブ機にするには最適!

内部ストレージの少なさやメモリ量など、多少なりとも気になる部分はあります。機能的にも制約は多く、なんでもできる端末ではありません。

その一方で、例えば外で利用する場合などを考えると必要十分な機能を持っているため、なにができるかをわかっている人が使う分には非常に有用な端末だなーと思います。

さすがにメイン端末として使うには厳しくはありますが、サブ機として使うには最適な端末ではないかなと思います。

外で使うようのサブ機がほしいけど、MacBook AirやUltrabookを買うとすると値段がなぁ……って人にはぜひともおすすめしたい端末です。

値段の安さもやはり魅力的ですよね。3万円ちょっとでこれが買えると思うと、もはややけに値の張るタブレット端末なんかを買う理由がなくなってしまいますね。

それではこのへんで。以上、あぽかる(@apokaru)でした。