読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

寝坊を防ぐためにも、睡眠の質を高めるための改善をおすすめしたい

おすすめ記事 生活習慣改善 生活習慣改善-寝坊対策

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

わたしは結構寝坊には自信があって。まぁそりゃ今までも幾度となくかましてきました。

一応ね、寝坊したときは次はやるまいとは思うものの、人間の意識って持続しないですからねー。余裕で繰り返すわけです。

ちなみに、何度か繰り返すと寝坊キャラが定着するのであまりとやかく言われなくなります。ただし社内での信用みたいなのと引き換えになるので諸刃の剣。あまりオススメはしない。

いやね、なんだかんだでやっぱり寝坊なんてのはしたくないんですよ。したくてしてるわけじゃないってのはわかってほしい。

ただ、睡眠ってのは人間の三大欲求にも数えられるくらいに人間にとっては必要な物のわけで、寝ることを否定されたらそれはそれで溜まったもんじゃない。

そんでちょっと考えたんですけどね、要するに睡眠の質を高めてすっきり目覚められるようになれば、寝坊もしないしよく眠れるしで一石二鳥何じゃねーのっていうね。

f:id:apokaru:20160903100146j:plain

寝坊の大半は二度寝が原因

下の記事にも書いたことではあるんですけども、寝坊の原因の大半は二度寝だそうです。

関連記事→朝起きられずに遅刻しないために、寝坊の原因について覚えておこう

要するに一度は起きたものの、寝足りずにまた寝ちゃってそのまま寝坊するってこと。

つまり、二度寝を撲滅すれば寝坊の大半は防げることになるわけで、かなり効果的なんじゃねーのかなって思うわけです。

睡眠の質を高めれば二度寝は防げる?

なぜ二度寝をしてしまうのかということを考えると、朝すっきり起きられないからですよね。仕事行きたくねーっていってまた寝ちゃうパターンもありそうだけども。

では朝すっきり起きるためにはどうすべきかというと、これってすなわち睡眠の質の向上となるんじゃねーのかなと。

睡眠の質に必要なのはまず間違いなく睡眠時間となるんでしょうけども。とはいえ、時間に関してはなかなか取りづらいって人もいるでしょう。

そうなれば、短い睡眠でも効果が出せるような、本質的な意味での睡眠の質を高めるための改善をやっていくのがいいんじゃないのかなーと。

寝具では睡眠の質は変わらない?

いわゆる快眠グッズは巷にあふれていますけども、寝具ではあまり睡眠の質は変わらないって話も聞いたことがあります。

まぁこれはちょっとソース探しても見当たらないので、もしかしたらわたしの勘違いかもしれないですけど。

ただまぁ、ばかみたいに高い布団だとかに大金をつぎ込むのはどうなのかなーと。効果があるにしてもコスパがいいとは思えない

それこそ、お部屋の環境によってはアイマスクや耳栓くらいはあるといいかもですけどね。

Amazon快眠グッズ

サプリメントで睡眠の質を高める

そんなわけでわたしがオススメするのは快眠サプリメントです。サプリメントっていうと不勉強な方々がやれ怪しいだの、ただの薬じゃないかだのと騒ぎ出すわけですけども。

まずサプリメントは薬じゃないです。ですので、効果自体も保証されたものではありません。効果があるかどうかに関しては個人差があります。

わたしは普段からマルチビタミンのサプリメントを摂っていますのでサプリメント自体には抵抗がありませんが、普段から摂っていない人は抵抗があると思います。

参考にいくつかリンクは貼っておきますが、サプリメント自体は効果の保証されたものではないことは覚えておいてほしいと思います。

朝、すっきり!「グッドナイト27000」

睡眠、セロトニンのサプリメント「リラクミン」

毎日ぐっすり出来る話題の「潤睡ハーブ」

まぁそれこそね、サプリメントに頼らなくても寝坊対策はいくらでもありますからねー。一つの手段として考えていただければと。

睡眠の質を高めるって部分からは少し外れますけども、目覚まし時計強力なものにするのもかなり効果的ですからねー。

関連記事→記事タイトル

とはいえ、快眠サプリメントはハマるとすっげー効果があります。わたしも以前何種類かこの手のサプリメントを使ったことがありますけども、もはやこれ飲んで寝ないと全然ダメ!ってくらいの時もありました。

ただ、その快眠サプリメントはマルチの商品だったので、離れた今となっては商品を購入することができないのがちょっと難。まぁいまさら関わりたいとは思わないのでそれはそれでしょうがない。余談ですけどね。

ということで、快眠サプリメント自体はめっちゃオススメではあります。ぜひとも自分の体に合いそうなものを探してみてください。

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。