読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

残業するくらいなら副業で収入源を作ったほうがいいと思うその理由

働き方-サラリーマン 副業 働き方

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

わたしは残業が嫌いです。そりゃもう嫌いです。こんな記事を書いちゃうくらいには嫌いです。

www.apokaru.com

定時時間以降に会社に残っている事自体なんかめちゃくちゃ心が削られてる感があって、残業すればするほど心に闇が這いよってきそうでとにかく心が蝕まれまくる。

ほんとに嫌なんですよね、残業しないとやばいかなーと思っていても、直近の仕事だけ片付けて明日の自分に放り投げる。でも意外とそれでなんとかなったりもするんですけど。

残業代ごときでわたしの時間を捧げるというのにどうも体が馴染まない。お金が要らないってことはないけど、でもなんか違うんだよなー。

f:id:apokaru:20160712210018p:plain

残業代を計算に入れた家計の危険性

残業が定常化してくると、そのうち残業代がもらえて当たり前という状況になってきます。残業代込みの収入で家計を考えるようになってくるんですよね。

でもこれめっちゃ怖くないですか?だって、残業って会社の都合で制限されたり禁止されたりするんですよ?

わたしはこれをリーマン・ショックの時に体感しました。2008年だから入社3年目の頃かな?

この頃は定常的に残業していて、大体月に20時間程度。でも、リーマン・ショック以降、残業は禁止になりました。

いやーそりゃもう焦りますよね、この当時は車のローンを月に3万円くらい払ってましたが、ほぼ残業代で払う計算で考えていました。

なので当然家計が苦しくなるわけで、貯蓄があっても大半はすぐに崩せないようなものばかりで、ある程度自由の効くお金はどんどん減っていくばかりでした。

家計がマイナス収支が続くのに耐えられなくなり、ついにはアルバイトをするようになりました。平日仕事終わりに居酒屋でバイト。

ただ個々にも落とし穴がが一つあって、リーマン・ショックで残業が制限された一方で、わたしの部署は仕事量自体は減っていなかった。そうすると自然とサービス残業をせざるを得ないわけです。

今だったらある程度弁が立つので、サービス残業にならないように持っていけるとは思うんですけど、この当時の自分にはそこまでの力はなかった。というかなんの疑問も持たずにサービス残業をしていましたから。

サービス残業に居酒屋バイトでこの当時はめちゃくちゃしんどかったですね。なんだかんだで約1年間ぐらいこの状況が続いたかな……?今ではもう無理ですね。

支出を減らせばよかったんじゃ……というのもごもっともなんですけど、そもそも高卒三年目ですからね。もともとの給料が高くなかったのでやりくりするにも限度があった。

要するに分不相応な買い物をしてしまったことがまず第一の要因で、もう一つが自分の知り得ないことで消えてしまうようなものを計算に入れてしまったということ。

残業を計算にいれた家計には、こういった落とし穴にハマる危険性があるということです。

まぁ単にギリギリ攻めすぎたってだけでもあるんだけども。

会社外で収入を得る能力を身につけるということ

だから、わたしは残業するくらいなら副業をした方がいいと思うんですよね。残業なんてものは会社に会社に与えられているものであって、自分ではコントロールができないので。

会社で残業する時間を副業の時間に充てることで、自分の力で収入を得る能力を高めるほうが絶対にいい。

自分で収入を得る能力を身につけておけば、よっぽどコントロールもしやすくなるはずです。ちょっと家計が苦しいなと思ったら作業量を増やすだけで事足りるかもしれない。突発的な不況にもある程度対応しやすくなると思うんです。

リーマン・ショックの時も、バイトしてた居酒屋はたいそう賑わっていました。残業できなくなって持て余した時間をお酒を飲む時間に変えていたんでしょうかね。

世界的な不況だー!なんて騒いでいても、意外と世間はなにも変わらず流れているもので。その中で強かに生きる強さを身につけるためにも、残業するくらいなら副業をするべきです。

でもアルバイトだけはやめよう

副業した方がいいといったところで、じゃあ手軽にできるアルバイトを……というのは絶対にやめたほうがいいです。

なんでかっていうのは言うまでもなく消耗するから。会社で時間を売って、アルバイト先でも時間を売って。めちゃくちゃしんどいです。

出来る限り、やればやるほど積み上げることができる、いわゆるストック型ビジネスをやるべきです。ストック型なら、少ない作業量でも習慣的に積み重ねていくことである程度の収入が確保できるからです。

そしてもうひとつ、自分に向いているもの、やっていてそれほど苦ではないものを選ぶことです。これはもう単順な話で、そうじゃないと続かないから

ある程度好きに取り組めて、積み上がればそこそこの収入になるようなものを持っておくとかなりいいと思うんですよ。家系的にももちろん、リスクヘッジとしても。

そんな感じで、残業で消耗するくらいなら副業演ったほうがいいよ!って記事でした。

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。