読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

Amazonの本読み放題サービス「Kindle Unlimited」に期待すること

電子書籍 電子書籍-Kindle

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

Amazonがちょっとお漏らししてしまったらしい。Amazonのサイト上にKindle Unlimitedのバナーが表示されてしまったんだとか。

www.gizmodo.jp

米国ではすでに開始されているサービスなようで、いずれ日本には来るだろうなってところでまぁ期待させられちゃうようなお漏らし。

本の読み放題サービスはまさに待ってました!ってところではあるんだけど、なんかあまり期待感を煽られないなーっていうのが正直なところ。

f:id:apokaru:20160628213156j:plain

5万5千冊は少なすぎる

記事内の画像を見ると、月額980円で5万5千冊が読み放題だとのこと。

サービス開始後に少しづつ増えては行くだろうけど、それでも5万5千冊は圧倒的に少ないです。

自分の普段読んでいるジャンルと合致すればいいけれど、そうでないなら5万5千冊読み放題でも読むものないってことになりかねない。

読もうと思える本を探すようなサービスじゃあダメダメだよねぇ。少なくとも、今のAmazonプライムのKindleオーナーライブラリーはそんな感じ。

Amazonプライムに登録して1年以上になるけど、結局オーナーライブラリーで本を読んだことないもん。

Amazonプライムは良いサービスだけど、オーナーライブラリーだけじゃなくプライムビデオもプライムミュージックも、単体で通用するようなサービスではないんですよね。

あくまで総合力で強いということ。その上でめちゃくちゃ満足はしているんだけどさ。

www.apokaru.com

Kindle Unlimitedに期待すること

期待したいことは二つ。というか願望かな。

ひとつ目は、ラインナップの拡充。アメリカでは100万冊を超える本が読み放題らしいので、そこを目指すくらいにしてほしい。

日本の出版社や作家はうるさいからなかなか難しいとは思うけど、でもそれくらいの量になれば読みたい本がない!ってことはよっぽどなくなるだろうと思う。

ふたつ目は発売されてから読み放題になるまでの期間。発売後即読み放題ってことはおそらくないだろうから、どれだけここを短くしてもらえるかというところ。

このへんは、作家さんの収益にも大きく関わってくるところだからかなり難しいんだろうなとは思う。

でも、ここで時間が掛かり過ぎると、結局読みたい気持ちに負けて新刊で買っちゃう!なんてことになっちゃって読み放題の意味がまったく無いってことになりそう。ってかなる。そうなる自信ある。

そもそも980円のサービスにどこまで求めるのかってのもあるけれど、値段がいくらだとかはまったく関係なくって、サービスとして使いたいと思えるかどうかってことだからね結局。

その上でその価格分のお金を出せるかどうかってところになるわけだから、サービスを値段ありきで見るのってまったくもって無意味なんだよね。

だから、これだけ安いんだから仕方ない、ってんじゃなくってこの値段でここまで読める!ってところを目指してもらいたい。期待しすぎかしら。

いやいやAmazonならできる!信じてる。ってことで以上、あぽかる(@apokaru)でした。それではまたーねー。

続報:講談社・小学館も参加

ネットでこんな新聞記事の切り抜きを見つけました。なんでもKindleUnlimitedに講談社と小学館が参加だと。

f:id:apokaru:20160716134226j:plain

ただこれ見る限りではどのレベルで参加するかってのが不明確で、コミックの数冊だけ読み放題みたいなパターンもあると。

そうじゃないんだよなー、そんなんだったら別にあってもなくても変わんねーよねっていう。コミックを買わせるフロントエンドみたいな使い方するのなら参加してくれなくていいですって感じなんだけど。

講談社と小学館のコミックが読み放題になるのであれば、それだけで利用する価値ありますけどね。とりあえずドラえもん全巻読みます。

はたしてどうなることか。現状憶測ばかりなのであれですけど、出来る限り良いサービスになってくれることを祈るばかりです。