読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

今年のTHE MUSIC DAYにはKAT-TUNがいないという事実

ジャニーズ ジャニーズ-KAT-TUN

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

いい加減暑さが出てきて、そろそろ夏だなぁってところで。この時期になると、民放各局で音楽番組の特番が始まります。

このスペシャル番組ってジャニヲタ的には結構見逃せないもので、特に日テレのTHE MUSIC DAYは総合司会が嵐の櫻井翔くんというのもあって、ジャニーズ関連の企画がかなり魅力的だったりする。ある意味では夏フェスよりも夏フェスらしいものでもある。

www.ntv.co.jp

んでまぁ、今年のTHE MUSIC DAYの出演アーティストを眺めていて思ったんですよね。あぁ、今年はKAT-TUNいないんだなぁって。

アーティスト情報|THE MUSIC DAY 夏のはじまり。|日本テレビ

グループとしての出演はもちろん、ソロとしてのメドレー企画への出演もないのは思った以上に寂しいもんだなぁと。

f:id:apokaru:20160628191154j:plain

KAT-TUNの充電期間を実感する

わたしにとってのナンバーワンは関ジャニ∞だ。だから、エイトがでてくれているだけで嬉しい気持ちはいっぱいではある。

ただ、掛け持ちのようなものは批判もあるだろうけど、でもわたしにとってエイトに次ぐ存在であるKAT-TUNがいないってのはやっぱり寂しいんだよな。

充電期間とか言ってとっくにソロ中心の活動じゃん、なにすんの?みたいな記事を以前に書いたけれど、今になって充電期間というものを実感してしまっている。

www.apokaru.com

グループとしての活動が休止するというのはこういうことなのだなと。今までは当たり前のように出演していのに。そこにいる資格までもが一時的とはいえなくなってしまうんだなって。

メドレー企画だけでもでてくれればなーとも思うけど、でもそういうわけにもいかないよね。充電期間ってそういうことだもんね。

2015年の映像でも観て心を鎮めておく

なんでこんなに寂しい感じになっているかというと、そもそもが去年のがむちゃくちゃかっこよかったってのもある。

YouTubeにもあるのでぜひ観てみてほしい。もう何回観たことか。

youtu.be

披露したのは二曲。

一曲目は炎をバックに花道を移動していくKeep the faith。KAT-TUNらしいハードでかっこいい曲調は、KAT-TUNのイメージそのもの。

もう一曲は、2015年のKAT-TUNといえばこの曲だった、KISS KISS KISS。天から降り注ぐレーザー光線がとにかく印象的。綺羅びやかなKAT-TUNが、光によって艶やかに演出される。

セクシーな曲調と相まってもうハンパなくかっこいいステージに仕上がっている。

別にこれが4人の最後のステージだったってわけでもないんだけど、なんかすっごい印象に残ってるんよね。

THE MUISC DAYという番組自体に思い入れがあるわけではないんだけど、でもこの去年のが良かったから、なんかすっげー無念な気持ちがある。去年これを観ていた頃は少なくとも今の状況は想像してなかったもんなぁ。

つーことでちょっと心を鎮めてます。ヘビーローテします。

それではこのへんで。以上、あぽかる(@apokaru)でした。

あー。早く10ksのDVDでねーかなー。