読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

資格の本質は選択肢を広げるものであるということ

人生設計-資格取得 人生設計

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

ここ最近わたしは行政書士の資格をとるべく試験勉強をしているわけですけど。

www.apokaru.com

それを周りに公言したらしたでいろいろと言われるわけですよ。

え、なんで行政書士なの?ってくらいならまだいいほうで。行政書士って仕事ないよ?だとか行政書士って稼げないんでしょ?みたいなのとか。

もはやなにが言いたいのかわからないようなことをよく言われたりもします。それをわたしに言うことでおまえはどうしたいんだって言うね。心配してる風でもなさそうだし。

ただひとつはっきりわかることがあって、それは資格ってものを履き違えているってこと。資格ってそういうものじゃないんだよなー。

資格は選択肢を広げるものである

別にさ、行政書士の資格とったからって行政書士にならないといけないわけじゃない。

ただ、間違いなく言えることがあって、それは選択肢を広げる事にはなるってこと。

資格があれば行政書士になることはできるし、なったっていい。ならないにしろ、資格取得にあたって得た知識を何か別のことに活かせるかもしれない。

あくまで資格ってのは可能性でしかないんだよね。稼げるかどうかとか仕事があるかどうかも可能性。それを掴むかどうかは結局自分次第ってわけよ。

資格にこき使われないように

資格って使うものであって、使われるものではない。

でも、資格に囚われていると資格にこき使われることになってしまう。せっかく資格とったんだから~みたいなね。

持っていたほうがいいのは間違いない。ないよりはあったほうがいい。ただその上で、必要なときに資格を使うっていう考え方が必要なんじゃないのかなと思う。

資格が無いと就けない職業だとかがあるってだけの話で、資格自体がどうのこうのってわけではないんだよなぁ。そしてその資格で就ける職業に就くことだけが資格の使い方でもないってこと。

資格は当然使わないと意味のないものだけど、でも資格に頼っていると資格に使われることになる。

結局のところ資格なんてのはツールでしかないから、それを使う自分次第ってことよね。少なくとも、わたしは行政書士になるためというよりも、資格をどう使っていくかってことに焦点を当てて行政書士資格の受験を決めました。

まぁ資格は資格としてね、それに使われないような人間にならないといけないなと思うわけです。とはいえまずは試験に合格することからだけども。ちゃんと勉強していかないとなー。

ということで以上、あぽかる(@apokaru)でした。それではまたーねー。