読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

ヤフオクのすすめ。買ってから売るまでのサイクルを短くすることで豊かになれる

副業-ネットオークション・物販 読書・本 副業 読書・本-読書論

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

ミニマリストって人たちはなんかこえーなーなんて思って恐れてはいるんですけど。

なんつーか身軽すぎる。今にもちょっくら死んでくっから!とか言い出しかねないようなね。自分の命とか断捨離しちゃう感じ?

ただ、最近思うことがあって。物を持たないというミニマリスト的な発想はたしかに合理的な部分もあると思うんですけど。

それ以上にモノを買ってから売るまでのサイクルを短くすることこそが最強じゃねってとこに最近のわたしは思い至ったわけです。

最も価値のあるタイミング

モノによっては熟成させたりだとか、時間をかけることで価値の上がるものも確かにあるのはあるんだけど。

でも基本的に最も価値のあるタイミングってのは、それが世に出た直後だよね。要は発売して間もない頃。

身近なものではゲームだとかマンガ本だとか。ブックオフとかに持って行っても、発売してすぐのほうが圧倒的に買取額が高かったりする。

鮮度とでも言っておこうか、やっぱり早さは正義よねっていうね。

基本的には早ければ早いほどいい。例えば本であれば、多くの人が手に取る前に読むことができれば、やっぱりそれだけ価値が出てくる。

知識で考えてみても、一般的なものになる前にそれを得ることができればそれだけで価値がある。

だからやっぱり早さは大事だよねっていうね。何よりも早さを追求していっていいと思う、何事に関しても。

すぐ買ってすぐ売ることで豊かになれる

最も価値のあるタイミングでモノを手にすることでその価値を最大限に受け取ることができる。

そしてそれをとっとと手放すことで、その価値を格安で受けることができるようになる。

上に書いたように、発売して間もないころは売ってみても高値がつきやすいから、その価値を授受したらとっとと手放しちゃっていい。また必要になったらその時に再度買えばいいだけの話なんだもん。

例えばこれ、最近わたしの実体験なんだけど。わりと話題になったこの本、君の膵臓をたべたい。少し前に買って、さくっと読んでヤフオクで売ったんだよね。

この本自体はとてもおもしろい本だったけど、まぁそれは置いておいて。感想は下の記事にあげているのでそちらをどうぞ。

www.apokaru.com

ヤフオクに出したところ、770円で売れたんだよね。もちろん送料は別で。

f:id:apokaru:20160624230942j:plain

1500円で買った本が770円で売れたわけで、だいたい半額の値段でこの本を楽しめたことになる。

よく読書家の間では単行本で買うことについて、文庫落ちするまでの時間を買うかどうかみたいな風に言われるんだけど、最強は単行本を新品で買って速攻読んでヤフオクで売るなんじゃねーのって思う。

発売してすぐのタイミングはやっぱり一番脂が乗ったタイミングだから、そこで読めるかどうかってのは大きいと思うのよね。まぁこの本に関しては話題になってから読んだからちょっと違うんだけど。

コレクター気質な人はなかなか売れなくってつい溜め込んじゃうんだろうけど、わたしは本は読めればいいと思っていて、そこに一番の価値があると思っている人だからそれでいいの。

読みたいものを新品で買って、速攻で売るのがやっぱり最強よ。そのお金で次のものを買う資金になるからね。

ってことで読み終わった本とか不要品はさっさと売っちまおうぜっていう話。以上、あぽかる(@apokaru)でした。それではまたーねー。