読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

あなたはまだ本当の「貞子」を、リングシリーズを知らない

読書・本 いろいろ紹介-映画 いろいろ紹介 読書・本-書籍紹介

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

かつて大ヒットしたジャパニーズホラー、リング。長い髪を垂らし白装束をまとい、うらめしや~とつぶやく女性の幽霊は、イコール貞子と呼ばれるくらいには世間に認知されているくらいに。

ただまぁね、最近のリングシリーズの独り歩きしてる感はすごいなーと思う。貞子3Dの時点でくるとこまできたなと思ったけど貞子VS伽倻子ってなんだよ、アメコミのノリかよ。そのうちホラー映画のキャラ集めてアヴェンジャーズみたいなものでも作るんじゃねーの。

sadakovskayako.jp

ある意味B級ホラーとしての方向性としては正しいのかもしれないんだけどさ。それこそリングウイルスの望む形でもある。

でもさ、なんつーか違うんだよね。リングシリーズってたしかにホラー映画としてヒットしたんだけど、でもそうじゃないんだよ。リングシリーズのおもしろさってそれだけじゃないんだ。

原作におけるリングシリーズってのはまさに小説のおもしろさとか、そういったものを惜しみなくつぎ込んだ極上のエンターテイメントだってこと。

リングシリーズの本当のおもしろさ

意外と知らないであろう、原作小説のリングシリーズをまずは紹介しておきたいと思う。映画やドラマのシリーズはなんというかとっ散らかっちゃってるので割愛。

リングシリーズ原作は本編3冊と関連エピソードの短編集が1冊。それぞれ、

  1. リング
  2. らせん
  3. ループ
  4. バーステイ(短編集)

となります。

リング、らせんとバースデイに関しては映画化されているので知ってる方はいるかなーと思う。ループに関してはその内容から映画化はされなかった。まぁしょうがないんだけど、でもループなしにリングシリーズは語れないんだよなぁ。

第2シーズン的な位置づけとして、エス、タイドってのがあるんだけどそっちは省略。語りたくもない。

このリングシリーズの一番の特徴はその懐の深さ。第一作目のリングはたしかにホラー作品なんだけど、その中にミステリー要素が組み込まれたものになっていた。

そして第二作目のらせんでが、ホラーの要素は残しつつサスペンス色を強め、さらに医学的な要素を追加。

第三作目のループでは、そこから一気にSFへと舵を切った。なんというか、これだけのシリーズであるのにすっげー意欲的なんだよな、作品としての成り立ちが。

そういう意味でエンターテイメントという路線をぶっちぎったのがこのリングシリーズなんだよなーって思う。

あなたがまだ知らない本当の貞子とリング

こっからは意外と知られていないネタ紹介。主に原作シリーズにおいてだけど。

貞子VS伽倻子に合わせてネタの一つとして仕込んでおいてもらえれば。ただまぁなんつーか生々しい物が多いので、適当に読み飛ばしてくれてもいい。

リング、らせんの世界は仮想現実世界である

これは完結編であるループで明かされるんだけど、リングとらせんの世界は環境の変化などをシュミレートする仮想現実世界。要はコンピューターの中の世界

いきなりなんのこっちゃって感じだけど、これによってリングシリーズはホラー作品ではなくってSF作品だったってことになる。上に書いたSFに舵を切ったというのはこういうこと。

だからそれまにで語られてきた呪いのビデオだとかリングウイルスだとかそういったものは死者の怨念だとかそういうものとはまったく違っていて、あくまで仮想現実世界に起きた不具合でしかないってこと。

ある意味、究極の禁じ手ではあるわけで。すべてのホラー小説はこの手法で一気に陳腐なものになってしまう。だからこの作品は映像化はされてないってのもある。

わたしとしてはリングシリーズがループで完結させたのはすごいことだと思ったけどね。ただのホラー作品では終わらさなかった、いや終わることができなかったリングシリーズのラストとしてふさわしい。

エス?タイド?知らん。

貞子はコンピューターウイルス

仮想現実世界における呪いのビデオだとかは要はコンピューターの不具合だといったけど、そうすると貞子ってなんなのっていうと、それはコンピューターウイルスということになる。

増殖を繰り返して仮想現実世界を埋め尽くしていく。原作小説でのらせん終了後、ループ開始時には仮想現実世界は増殖した貞子で埋め尽くされて仮想現実世界は停止してしまった。

このへんがリングシリーズのおもしろいよなーって思うところで、らせんでは呪いのビデオを見ることで感染するリングウイルスとして医学的な要素として扱っていたものを、ループではコンピューターウイルスとして扱う。

同じウイルスという要素を扱い方を変えることで見せ方を変える。連想させるというか、昇華させていく感覚が進化、変遷をしていくリングシリーズらしさだよなってもう。

呪いのビデオを観ると妊娠する

上にサラッと書いたけど、貞子は増殖する。ウイルスだからね。

とはいえ、少なくとも仮想現実世界だからといってポンポン勝手に人が湧いてくるわけでもなく、あくまで現実世界をシュミレートするためのものなんで、人が増えるのも男女の性交によるものという原則がある。

これについては映画版のらせんでどれくらい言及されていたか曖昧なんで、原作読んでない人でも知ってそうな感じではあるんだけど。

増殖する方法としてまず一つ、排卵日の女性が呪いのビデオを観ると妊娠してしまうというものがある。

呪いのビデオを観るとリングウイルスに感染することになるのだけど、このウイルスには貞子の遺伝子情報が入っている。排卵日の女性がリングウイルスに感染した場合、卵子に受精して妊娠するってわけ。

要はリングウイルスってのは貞子の精子でもあるってこと。

ちなみに妊娠すると、その子供は貞子になる。有無を言わせず貞子になる。らせんの劇中ではそうやって貞子が復活したということです。

貞子は両性具有である

呪いのビデオでリングウイルスに感染させて妊娠させて貞子を増やしていくのはいいんだけど、そうホイホイみんながビデオとかを観てくれなくなるのはまぁわかりきってる。排卵日に当たるかどうかもわからんし。

なので、その中で貞子がどうやって増えていくのかというと、別にヤリマンビッチさながら男とをとっかえひっかえってわけでもない(若干そんな感じはあったけど)。

貞子は両性具有(睾丸性女性化症候群)であり本来であれば子供は産めないのだけれど、らせんで復活した貞子はパワーアップしていて自分一人で受精させ、子供を作れるようになっている。だから、上でも貞子の精子みたいなものと書いた。

そうすると、貞子が貞子を妊娠しそれを出産する。繰り返すけど、貞子が貞子を出産するんだよね。

貞子が貞子を産み、さらにまだその貞子が貞子を増やしていく。そうやって貞子が増え続けた結果、仮想現実世界は貞子で埋まってしまったと、そういうわけ。

あぁなんつーかすごい話だけど、仮想現実世界の話だとでも思っておけばまぁ理解もつくのではと。

貞子VS伽倻子に思うこと

ということでリングシリーズの意外と知られていないネタはここまで。まぁ主に原作を読んでいない人向け。

ここからは貞子VS伽倻子について。なんつーか、これまでのリングシリーズのファンからしたらとっくに貞子3Dで見限ってたかもしれないけど、わたし個人としてはこの方向性には実は肯定的だったりする。

独り歩き感がすごいとは上に書いたものの、こうやって突拍子もない方向に行くのはある意味ではリングシリーズらしいとは思うんだ。そういう意味では肯定的。

リングシリーズを色んな意味でぶっ壊してるし、かなり汚してもいるんだけどそれはそれでらしさがあると思うんだよ。

だから、思うこととしては一つだけ。おもしろければそれでいいんじゃねーのっていう。

要はさ、つまんねーんだ、貞子3Dとかさ。わざわざ映画館で見たけど、ホントにつまらんかった。やっすいCGとか怖さのかけらもない演出とか。

だから貞子3Dも1しか観てない。2はまったくもって観る気にならんかった。だから貞子VS伽椰子を観る気はない。でも評判よかったら観る。期待してないけど。

あ、でも聖飢魔IIの主題歌はかっこよかった。なんかムダに踊ったりしてよくわからんけどまぁいいや気にしない。

youtu.be

ちなみに、過去の映画版のリングシリーズはプライムビデオで全部観られます。暑い夏を涼しく乗り越えるのに、本当に怖かった過去作のリングシリーズはいかがですか?

そんなわけでこのへんで。以上、あぽかる(@apokaru)でした。それではまたーねー。