読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

工場の主役!中二病にはたまらない無双しまくるエアーツールについて語りたいと思う。

働き方-サラリーマン 働き方

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

これなしに工場は語れない。

工場の主役であるエアーツール

そもそも皆さんエアーツール知ってるかって話で。知らねーだろうなー。そうだろう、そうだろう。

エアーツールってのは、その名の通り圧縮した空気で稼働する器具工具のこと。空気が動力なんて大したことねーんじゃねーの?なんて思うでしょ?クッソ甘い。チョコラテのように。

空気のちからってほんとにすげーのよ。だってうちらが生きていられるののまさに空気のおかげ。そう思えば空気の凄さはわかってもらえるのではないだろうか。

つーことでとんでもなくかっこいいエアーツールを紹介していくぜ!

だがその前にコンプレッサーを紹介しておく

エアーツールを知る前に、その前に伝えないといけないものがある。それがエアーコンプレッサーである。そう、エアコン。部屋を冷やしたり温めたりするやつ。ではないんだけど。

要は動力となる圧縮した空気を作るためのもの。これがないとエアーツールは動かない。まさにエアーツールの心臓部なのである。

工場などでは大型のものが配備されているが、個人用の小型のものもある。DIYなんかにもよく使われる。地味に高い。

工場中をはしる配管によって工場全体にエアーが通してあり、カプラにエアーホースをカプラに指すことでエアーツールを使うことができる。

f:id:apokaru:20160505134838j:plain

エアーのカプラってのはこういうので、工場のいたるところにこいつが突き出しているんだ。このエアーホースを差し込み、コンプレッサーとエアーツールをつなぐわけだ。

f:id:apokaru:20160505134845j:plain

ちなみにエアーホースにもいろんなタイプがある。扱う空気の強さに応じて太さが変わったりする。カラーも結構種類があるが、レッドが主流な気がする。幾つかの工場を見てきたわたしの所感。

ドラム式もある。個人的にスタイリッシュでオシャレだと思う。機能性こそ真の芸術と言えよう。

ここまでがエアーツールの基本的な説明となる。これら、コンプレッサー・カプラ、エアーホースがなければエアーツールは使うことができないのである。

かっこ良すぎるエアーツール!

レベル1.エアーブロアー

こいつなしにはエアーは語れないエアーブロアー。その機能といえば空気を吐き出すこと。空気で動いていることがよくわかるだろう。

エアーガンだったりエアーダスターなどと呼ばれたりするが、ただ空気を吐き出すだけのこのツールをやけにかっこ良く感じるのはわたしだけではないはず。

その姿はまさに空気砲。いまわたしは風属性となりホコリや切り粉をどこまでも吹き飛ばす。

レベル2.エアーソー

空気の力で切り裂くエアーソーは切断だ!まさに現代のカマイタチ。ズバズバ刃を立てるぜ、切り裂くぜ!

板金屋さんの必需品だ!金属の板からなにから斬りまくれ!お前も薔薇薔薇にしちゃうぜ?

レベル3.エアードリル

ここでこいつがきた!空気の力でガツガツ穿孔。風穴開けてやるぜ、エアードリル

自動車なんかは溶接が多いが、まだまだボルト留めの受領はある。今日も今日とて孔を開けるぜエアードリル!

他にもこういう角度のついた変則的なコーナードリルや、

f:id:apokaru:20160505134905j:plain

大型のポジティブフィードドリルなどその世界は奥深いぜ!

f:id:apokaru:20160505134912j:plain

男としては穴は穿つものであり、そこに穴があったら入るものなのである。

レベル4.エアーポリシャー

ここで登場、エアーツール界の癒し系!エアーポリシャーだ!

グラインダーほど激しくなく、優しい回転こそポリシャーの癒し系たる所以である。ゆるふわ系エアーツール。

ゆるく、洗車に研磨に大活躍だ!

レベル5.エアーインパクト

こいつがエアーツール界のドンだ!エアーインパクト!ガンガン締め込むぜ!

エアーツール随一のねじ込み力でここにランクイン!だがゴリ押しだけじゃない、そのサイズ感にも注目だ。

f:id:apokaru:20160505134921j:plain

想像してみてほしい、こいつを腰だめに構える姿を。その勇姿を。

まさにエアーツールの頂点と言ってもいいだろう。異論は認めない。

エアーツールの凄さを味わっていただけただろうか

さて、ここまで紹介してきたがいかがだったろうか。エアーツールのそのかっこよさを少しでも感じ取っていただけたのなら幸いだ。

とはいえ、そもそもなにに使うのかわからないって人が大半だと思う。それでいい、分かる人にだけわかってもらえればいいのだ。

そう、気に入らないハゲ上司にエアーブローする楽しみなんてのは。身内で楽しむくらいでいいんだ。そういう寒いノリは。

それではまた。以上、あぽかる(@apokaru)でした。