読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

開幕直前。今年の阪神はやらかす!2016年セリーグ優勝・順位予想しちゃいますよー

名状しがたき雑記のようなもの

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

いよいよ開幕でございますよ。

大変革の年になるか、金本阪神

こんにちは、虎党ニュースです。ちげーか。

昨シーズンオフからいろいろあったわけですけども、まぁそんなことはどうでもいい。野球が見られればそれでいい。

ということで来たる3月25日、京セラドーム大阪より2016年阪神シーズン開幕でござます。

今年の阪神タイガースのスローガンは超変革 FIGHTING SPIRITなんですけども、もうなんつーかオープン戦からワクワクがとまらないわけ。

f:id:apokaru:20160505133646j:plain

すでに出場選手登録の公示はでていてこんな感じ。

f:id:apokaru:20160505133656j:plain

このうち何人か、荒木とか緒方はたぶん先発と入れ替えで落とされるんでしょうけど、でもこの顔ぶれからしてもう今シーズンには期待するしかねーわ。

そもそもが、開幕戦ではドラ一ルーキーの高山が一番、高卒3年目の横田が2番で起用されるのが濃厚と言うんだから、たしかにこれは大変革と言えよう。

そりゃね、この二人が1年保つとも思ってないけど、それこそ二人で一年間外野の一枠を埋めてくれればもう十分。守備の分で去年のマートンに比べればお釣りがくる。なにより競争の結果この二人が開幕を掴みとったってだけで感慨深いわ。

右の外野では期待の若手で江越もいるし、いざとなれば守備だけならバツグンの大和もいる。外野に関してはここ数年で一番の充実ぶりでは?

捕手にしても梅野がオープン戦終盤で間に合わせてきたし、岡崎謎の大抜擢だしでなんだかんだでここも楽しみではある。どのみち梅野一人じゃあ一年保つわけがないんだから、岡崎が使えるなら使っておくのは間違いじゃない。

内野に関しては不安半分といったところではある、ゴメスは調子良さそうな分、新外国人助っ人のヘイグはちょっとやばそう。セカンドも上本大和西岡といまいち抜けだしてこないのがちょっとなー。

なにより不安視されるのは鳥谷の守備。サードにまわってもらってショートを大和で、セカンドを西岡上本で競ってもらうのもいいと思う。北條も調子良さそうだし、ショートに抜擢しても面白そうではある。とはいえ、今年は調子悪くもなさそうだし、以前の守備が戻ってくるのならば鳥谷のショートにはなんの問題もない。

なんだかんだで野手は層が厚くなってきてるしで間違いなく期待できる。ここ数年の開幕前では今年が阪神ファンとしては一番楽しいんじゃねーの?

投手陣に関しては基本的にポイントは3つ。

  1. 藤浪が怪我しない
  2. 福原、安藤が今年も活躍できるかどうか
  3. マテオがオスンファンの穴をどこまで埋められるか

藤浪の能力に関しては疑ってなくって、怪我さえなければまちがいなくエースとして活躍してくれる。先発に関してはなんだかんだでリーグで一番充実していると思うので、怖いのはケガだけだ。

おっさんリリーフ陣に関しては毎年言われてることではあるのだけれど、やはり今年もどこまで活躍してくれるかが一番の問題。高橋聡文の加入で少しは層が厚くはなったけど、高橋もうスペ気味なのでどこまで信用できるか。

マテオに関してはオープン戦を見る限りではそれなりにやれそうではあるけれど、このへんはシーズンはじまってみないとなー。ダメならドリスになっていくんだろうけど、二人で一年間保ってくれればというところかな。ヘイグ次第では二人共起用される可能性もあるけれども。

ぼちぼち不安要素はあるけれども、間違いなく期待できるだろう2016年阪神タイガース。なによりも雰囲気がいいよね、これは間違いなく金本監督のおかげよ、うん。

無能と叩かれる金本は見たくないから、ぜひとも頑張ってほしいところ。

2016年セリーグ順位予想

ということで順位予想。

  1. 阪神タイガース
  2. 東京ヤクルトスワローズ
  3. 読売ジャイアンツ
  4. 広島東洋カープ
  5. 横浜DeNAベイスターズ
  6. 中日ドラゴンズ

一位は贔屓目なしとは言わないけれど、それでもできる限り客観的に見ても戦力が一番揃ってるのは阪神だと思う。間違いなく大本命。

2位は去年セリーグ覇者のヤクルト。畠山は不安ではあるけれど、雄平の復調でカバーできるはず。抑えのバーネットの離脱は痛いけれど強力打線が健在ならば間違いなく対抗はここ。

3位は巨人。マイコラスの出遅れはもちろん、投手層的に賭博の4人がいないのはなにげにダメージがでかい。去年の貧打も解消される兆しもなく苦労するだろうけど、戦力層的に見ればここが妥当では。

4位は広島。エースの前田健太が抜けたのは痛いが、それでも先発は十分揃ってる。丸、菊池のバウンスバックが期待できそうであり、去年の噛み合わなさは少しは解消されそうではある。

5位は横浜。ラミレスの采配は他の新監督に比べてもやはり未知数。理論を持った野球観をもっているのはわかっているけれど、横浜という球団でそれがどこまで発揮されるか。戦力層て気にも悩んだ末の5位。

6位は中日。去年に比べて上がり目が見当たらなくって、かなり重症と言える。ビシエドがどこまでできるかぐらいか。なんとも言えないくらいに最下位候補筆頭。

つーことでわたしの予想はこんな感じ。まぁ当たろうが外れようがなんでもいい。この時期にこれだけ雰囲気のいい阪神を見てポジれないほうがよっぽどファンとして問題でしょう?

開幕マジで楽しみにしてるよ。クソみたいな賭博だと金銭授受だのを忘れさせてくれるゲームを期待しておりますよ。

それではまたーね。以上、あぽかる(@apokaru)でした。