読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

ランサーズとかクラウドワークスで月5万円稼ぐのがどれだけ大変かわかってる?マジ無理ゲー。

副業 副業-クラウドソーシング

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

実際ムリげーだよこれ。

クラウドワークスがいい感じに燃えています

クラウドソーシングの大手、クラウドワークスの決算資料が公開されて、そいつが話題を呼んでいい感じに燃えています。

news.careerconnection.jp

クラウドワークスで月収20万円以上の人は111人しかいないらしい。まぁ驚きっちゃ驚きだけれど、ある意味納得でもあるかなーと。

だってさ、ある程度仕事が継続できるとなるとクラウドワークスを通すことはなくなるでしょこれ。直接やり取りすれば手数料とられないんだから、稼げる人ほどクラウドワークスから離れていく。当たり前の話。

となるとまあ、この111人というのはそういう数字ではあるんでしょう。誰でも仕事が請け負えるってシステムはいいんだけれど、穴が多いよね。そりゃなかなか黒字転換も難しい。

んで、この111人という人数をめぐっていろいろと騒動になっているわけです。やれ、クラウドソーシングなんてのはバカがゴミにクソみたいな仕事を与えるところだ、なんて論調で。

その反論として、そもそも収入を得る手段を提供しているだけで素晴らしい、月に5万円クラウドソーシングで稼げれば生活は相当楽になるでしょ?みたいな的はずれな正論が行き交う。

なんつーか、ネットの言いっ放し文化ってあんまり好きじゃなくって、もっとやりあえよ、ぶつかりあえよ!熱くなれよ!って感じではあるんですけどね、傍から見てる人としては。

ただ釈然としないのは、擁護する側の意見である手段を提供しているって部分。もっと言うなら月に5万円でもあれば生活は楽になるでしょってとこ。

もうこの時点でわかるでしょ、とりあえず擁護するならするで利用してから言ってくれって。この発言だけで利用したことないのまるわかりだっつー話。

クラウドソーシングで月5万円稼ぐのがどれだけ無理ゲーかわかってないでしょ?

案件を探すのが最初の大仕事

わたしもクラウドソーシングで仕事をしたことがあります。クラウドワークスじゃなくってランサーズですけど。

 

仕事を請け負うとしてなにが大変って、まず良さそうな案件を探すことが大変。マジで大仕事。探すにもインタフェースは微妙だし、よさ気な案件から埋まってくもんだから、結果ゴミみたいな案件ばっかになるってわけ。

やり始めた最初なんて、案件探しだけで1時間以上余裕でかかったりしてましたよ。クラウドソーシングの第一歩は案件探しに尽きます。そしてこの間当然無収入

んでちょいちょいタスクこなしてみたわけですけど、文字単価で言えば0.1円もないような仕事ばっかり。案件探しの時間と合わせたら時給でいったら200円程度だったんじゃねーかな、たぶん。

そんなこんなで、兎にも角にも案件探しに消耗してしまったわけです。これがわたしのランサーズ体験。キリの良い所で報酬5000円になるまでは頑張ってみました。相当しんどいけどねこれ。

ランサーズに疲れてShinobiライティングへ

ランサーズでの案件探しに疲れたわたしは、次はShinobiライティングってのをやってみたわけです。

ここはライティングオンリーで、文字単価は低かったですけど形式がだいたい決まっていて、少なくとも案件探しに消耗することがなかったんでしばらく取り組んでました。タイピングのトレーニングもかねてですけど。

ガチでどれくらいの時給でできるのか測ってみたことありましたけど、たしか600円超えるかどうかぐらいでした。ひたすら書くことに取り組んでてもこれ。しかもたまに非承認来るからね。

在宅で時給600円って考えたら、まぁ下手な内職やるよりはいいかもって感じ。でもさー、自慢するほどではないけれど、わたしの能力として、少なくとも普段パソコン触らないような人とかに比べたらよっぽどタイピングは早いと思うんですよ。

そう考えたら、ろくにキーボードの配列もわからないような人が時給500円を稼ごうなんてのはかなり厳しいと思う。慣れてきたところで時給1000円は超えないとおもいます。

ちなみに時給500円で5万円稼ごうと思ったら100時間必要。在宅とはいえここまで時間割けるんだったらパートにでもでたほうがよっぽどいいと思う。

忙しい主婦とかがスキマ時間でやっても大して稼げないからね?

子育てだとかで家を空けられない主婦とかがスキマ時間にやれる手段を提供しているという意味では確かに存在意義はあるでしょうよ。

でもね、月5万円はハードル高すぎる。1万円でもかなりきつい。

デザイナーだとかプログラミングだとか、それなりの技術がある人ならまた違うんでしょうけど、そういう人はそもそもクラウドソーシングに頼る必要が無いでしょ。それこそ小遣い稼ぎにしかならんわけだし。

タスクじゃなくっておいしいプロジェクトにうまいこと参加できれば稼げるかもしれないですけれど、でもそうなると今度は納期ってのが出てくるからね。そうなるとスキマ時間でってのが難しくなる。

結局のところ、忙しい主婦とかがスキマ時間で生活費の足しにできるかも?なんて考えたら痛い目にあうわけです。換金可能額までいかないで終わるパターンもよくあるんじゃないの?

もっかい言っとくけど、クラウドソーシングで月に5万円稼ぐのって相当無理ゲーだよ。まじで。

そうしたらクラウドソーシングの正しい使い方は?

スキルを持ってる人ならそれなりに重宝するでしょう。結構稼げるんじゃないかなとも思う。そうするとなんのスキルもないわたしみたいな人はどう使うかって考えると。

副業としてみても、どう考えても物足りないんですよ。ブログみたいにストックされるようなもんでもないし。

そうすると、生活の合間にできるスキマ時間を活用するようなもんじゃなくって、偶然できちゃったけど活用しようもないスキマのスキマ時間に活用するぐらいでいいんじゃねーのっておもいます。

日常的にできるスキマ時間はもっと利のいい他のことに費やしてください。そっちに使えないような、ホントにゴミのようなぽっかり浮いちゃった時間とかにやるぐらいでちょうどいいと思う。

どうせゴミみたいな案件ばっかなんだからさ、使うならゴミみたいな時間で十分でしょ。

それか収入は二の次で、それこそタイピングの練習とかで割り切るぐらいでいいんじゃないですか?ならブログ書けよとも思うけど。

少なくとも、現状のクラウドソーシングの立ち位置なんてそんなもんだとおもいますよ。こういうふうに騒がれているってのはそういうことでしょうよ。

つーことで、擁護している人はとりあえず自分で幾つか仕事してからもう一度同じことが言えるのかどうか、身を持って体感してほしいと思う。ほちい。

あんた方が言うようなもんじゃないからこうやって燃えてるんだよっていうね。はい。

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。