読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

FireタブレットとKindle Paperwhite、電子書籍リーダーとしてはどちらのが優れてる?

電子書籍-Kindle 電子書籍

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

あえて性格の違う2つを比較してみる。

2つの読書端末を比較

Amazonの出してる電子端末って、おおまかに言うと2つあります。

電子書籍リーダーのKindleと、FireOSを搭載したいわゆるタブレットPCのFire

ほぼ電子書籍を読むためのKindleと、ネットブラウジングやアプリを入れればゲームもできるし映画なんかも見れたりできるマルチメディアデバイスであるFireとではいろいろな意味で比較しようがないですが、ここはあえて読書端末としてこの2つを比較してみます。

比較対象としては、

Kindle Paperwhite

Fireタブレット

の2品目とします。それぞれシリーズでもっと高性能のものがあったりしますが、使い勝手がよくなってたりはするでしょうが基本的な使用感は変わらないと思うのでこれでいきます。

いあまぁただ単にわたしがこの2つしか持ってないだけなんだけどさ。だってたっけーFire買うならNexusかXperiaタブレット買ってるっつーの。

つーことでいきますよー。

Kindle Paperwhite

f:id:apokaru:20160505114345j:plain

Kindle Paperwhiteの良い点

一番の特徴はE-ink(電子ペーパー)のディスプレイ。文字は鮮明に表示され、紙にかなり近い感覚で読みことができます。

バックライトも優しい光で眩しさもなく、また自分の体で影を作ることもなく、紙の本でありがちな読書時のわずらわしさをなくしてくれます。

f:id:apokaru:20160505114439j:plain

ディスプレイパネルも光を反射しないものとなっているので、日中の屋外での読書も難なくこなせます。

非常に電池消費に優れていて、普通に使っていれば数週間ぐらいは充電しなくても使い続けられます。

重量についても非常に軽く(約200g)、一般的なスマホよりもやや重い程度なため余裕で片手で持てます。

Kindle Paperwhiteの悪い点

なにはともあれ、動作が遅い。結構ストレスがたまります。ページをめくると画面が点滅するようにして切り替わり、クイックさも足りない。

本体容量の少なさも少し気になりますね。いくら読む度にダウンロードすればいいといってもね。

Kindle Paperwhiteまとめ

良い点としては、

  • 読みやすいE-ink
  • 光を反射しないディスプレイ
  • 自分の体で影を作らない優しいバックライト
  • 片手で持てる重量
  • 数週間使える電池消費の良さ

悪い点としては、

  • 動作の緩慢さ
  • 本体容量の少なさ

といったところでしょうか。

あくまで本を読むことに特化した端末といった印象ですかねー。

Fireタブレット

f:id:apokaru:20160505114501j:plain

Fireタブレットの良い点

一番の良い点といえばやはりカラーの液晶。解像度は高くないですが値段を感がえれば十二分に綺麗なディスプレイです。カラーページのあるマンガなんかはやはりカラーで読みたいですもんねぇ。

動作もなめらか。タブレットPCとしてはそれほどでもなくても、読書端末として考えたら十分な動作速度です。

本体容量はそれほど多くはないのですが、microSCカードスロットがあるためその気になれば増やせるのは結構なメリットですね。スマホなんかと共用にしてもいいですしね。

Fireタブレットの悪い点

読書していて気になったのは、意外と熱を持つということ。長めの読書をしていたら手汗が結構でてました。カバーは必須ですね。

ディスプレイのガラスはガンガン光を反射します。場所や時間によっては気になりますね。

バックライトも調整はできますが、あくまで液晶画面なため読みやすい明るさにまですると結構目が疲れます。

あと地味に重い。Kindle Paperwhiteの1.5倍程度の重さ。手汗かく原因は意外とこの重さにもあるかも。

Fireタブレットまとめ

良い点としては、

  • カラー液晶
  • スムーズな動作
  • microSDカードスロット

悪い点としては、

  • 熱を持つ
  • ガラスが光を反射する
  • バックライトで目が疲れる
  • 重い

となりますかね。

やはりあくまでタブレットであるがゆえにそれがメリットでもありデメリットにもなってしまっている感じですかねぇ。

結局読書端末としてはどっちがいいの?

わたし的には、やはり読書のためだけに作られただけあってKindle Paperwhiteのほうが読書端末としては優れていると感じます。

ただ、やっぱりモノクロなんでマンガなんか読むとカラーページがもったいなかったりするんですよね。マンガ入れるには容量も心許ない。FireタブレットならSDカードも使えるので容量の不安は結構解消されます。

そういう意味では、用途によって使いこなすのがベストなのではともおもいます。

主に小説を読むのであればKindle Paperwhite

マンガや雑誌を読むならFireタブレット

これが結論で良いんじゃないのかなっておもいます。どっちもそんなに高くもないので両方揃えちゃってもいいんじゃないの?笑

プライム会員になればどちらか片方にしか使えませんが4000円引きのクーポンもついてきますからね。

ということでこんな感じで締めたいとおもいます。それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。