読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

noteの有料記事がはやってるみたいだけどわたしは買わない!そりゃそうでしょ?

いろいろ紹介-インターネット いろいろ紹介

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

買わねーっすよ。買わない理由よりも買う理由がねーもん。買わない理由はそれだけの価値を感じないからただそれだけだけど。

というのも、最近noteの有料記事が流行ってるみたいで。ブロガーのマネタイズ手段としてはたしかにいいかもねーとはおもいます。

note.mu

流行らそうとしてるイケハヤさんもなかなか大したもんだなーと思うわけですが、ただ自分が買うことはないなーって思ってます。

有料記事にお金出せる人はセンスあるよねー、だとかコーヒー一杯のお金を出し惜しむなんて人生損してる、なんて煽ってくるわけですけど。

でもそもそも前提からしてずれてるんですよねー。そもそもたとえばコーヒー一杯分、400円の価値があるかどうかって話なわけです。

だって400円も出せばブックオフでベストセラーが買える時代ですから。Amazonでもいいですし、お金を払うんだったらわたしは読みたい本を買うってだけの話。

たとえば、イケハヤさんの書いたものだったらなんでも読みたい!なんて人だったらそりゃ金だして買うんだろうけど。でも別に自分はそんなんじゃないし。

400円相応の価値があるとは思わないから買わない、ただそれだけなんですよね。これは他の人の出している有料記事に関してもそう。

めっちゃええやん!って思うようなものがあるならもちろんお金を出しますよ。でもねーんだもん。しゃーない。

いまのnoteはすごく歪な状態

買わない理由はまだあって、いまのnoteってすっげー気持ち悪い感じなんですよ。

それは、売ってる人と買ってる人が同じだってこと。noteで有料記事を販売している人が、自分以外の人の出した有料記事を買っているだけってはなしなの。

これってホント良くない状態で、売ってる人がいなくなったら買う人間もいなくなるんですよ。こわくね?

だからこんなん事業って言えるほどのものでもなくって、お金が一部の人たちの中でただ回っているだけってこと。お金が循環しているってのはいいことだとは思うけどね、なんかすっげー気持ち悪く感じるの。少なくとも今の状況はね。

だから煽ってる人たちの気分に振り回されまくってるのはホント危険で、たとえばnoteの状況が鈍化してきたら絶対言いますよ、noteはオワコン!時代は逆に紙の本!みたいなこと。いかにも言いそうじゃんか。

とりあえず煽ってブームのようなものを作って、定着すればよし、廃れたら廃れたでそれなりに稼いだからもういいや。みたいな雰囲気がありあり。

というか、あまねくブロガーさん方は、noteの有料記事を収入源の一つにしようと思うなら買う側になっちゃダメですよ。自分で買って、お金を回すことで業界を活性化させていこうなんてのはお門違いもいいとこ。ただのマッチポンプですよそんなん。

自分で売って自分で買ってそんで盛り上がってきた!なんて言ってて虚しくならねー?

だから、わたしは売る側にまわることはあっても買う側になることはないでしょうと。わたしはあくまで提供する側にこだわりたいと思います。

稼いでいるブロガーさんたちに振り回されてどんどん参入していくのはまぁいいんでしょうけど、でも今の状況をそれこそもともとnoteで活動していた原住民の人たちはいい感じしないだろうなぁ。自分たちのシマを荒らされた感がすごいだろうね。まぁしゃーないんだけどさ。

一人の人が先導してるこの状況はあんまりねぇ。イケハヤさん以上にちゃんと引っ張っていけるような人がいればまた違うんでしょうけど。

スピード感が大事とは言うものの、じっくりやったほうがいい部分もあるということ。

わたしは今の段階で有料記事に参入しようとは思わないですね。やるならもっと自己のブランディングを固めてからかな。お金をとらないでnoteで地盤を固めていくのはいいかもしれないですけどね。あくまで一つのツールとして考えていこうかなと。

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。