読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

とにかく本が好きなわたしが読書時間を確保するためにしていること。時間術は応用が効く

読書・本-読書論 読書・本

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

こんにちは活字っ子なわたしです。活字っ子なんて言葉はじめて使ったけど。

読書ってとにかく時間のかかる趣味です。本を読みたくてしょうがないんですけど、忙しいとなかなか本お読めなくなるんよね。

読まないと死ぬわけじゃあるまいし、なんてことを言われたこともあるんですけど。いいえ死にます。わたしは本読んでないと死にます。

なんつーのかな、文化的なことをやめたらいよいよ人間として終わりだと思うんですよ。わたしにとってはそれが読書であって、だから読まないと死んじゃいます。

ということで日々創意工夫をして読書時間を確保しています。いろいろやっているからこそ本を読んでいる時の幸福感もひとしおですよ。

早寝早起きして読書

これがめっちゃ良いんです。まじで捗ります。

いつもより一時間ぐらい早く起きてそこを読書時間にすればいいんです。眠いっていうのなら早く寝なさい。

朝の時間って邪魔されることも少ないのでホントにいいですよ。朝に余裕が持てるってのは一日に余裕ができるってことです。

どうせ夜遅くまで起きていても遊んでるかくっだらない深夜番組観てるとかでしょ。テレビなんて録画してあとで見るほうが効率的なんですからさっさと寝たほうが良いんですよ。

睡眠時間を削ったっていいことなんてひとつもないですよー。

会社の休憩時間で読書

うちの会社だと2時間毎に10分の休憩、お昼は40分の休憩になってます。

休憩時間に寝てる人もいますけどマジでもったいない。そんなに眠いなら夜早く寝ればいいのに。

つーことでわたしはこの時間も読書にあてます。お昼ごはんを10分ぐらいですませて残り30分ぐらい本が読めれば結構いい感じです。

お昼寝は気持ちいいんだけどねぇ。

f:id:apokaru:20160505110913j:plain

お風呂で読書

長めのお風呂にはいるのって健康的にもいいらしいんで、お風呂で本を読むのは一石二鳥です。

最近は防水のスマホやタブレットもいっぱいあるんで、濡れるのを気にせずに読書ができますね。

まぁiPhoneユーザーは未だにジップロックにいれて使ってたりするみたいですけど。イノベーションがインクリーズしてますねぇ。

お風呂を制するものは人生を制する!気がする。時間がもったいないとか言ってシャワーだけで済ます人は結局いろいろなものをムダにしていることに気づいていないんでしょうねぇ。

電車での移動時間に読書

車社会な愛知県に住んでるわたしなので、移動はもっぱら車だったわけです。でも、読書時間を捻出できないかなと考えてからは電車で行けるところは電車で移動することにしました。

他人と相乗りする電車ってあんまり好きじゃなかったんですけど、読書をするようになってからはかなり楽しい時間になりました。

運転しなくていいってのはなんだかんだで楽ですしね。乗り過ごさないようにだけは注意しないといけないけど。

電車で寝てたりスマホでゲームやってたりする人は結構もったいないことしてますよー。

f:id:apokaru:20160505110935j:plain

寝る前のちょっとした時間

これはわたしはやってないんですけど。というのも夜はブログだったりランニングだったりと読書以外の時間に費やすことにしているので。

それにはいくつか理由があって、たとえば夜は予定通りに行かないことが多いんですよね。仕事が遅くなったり、自分以外のところの影響でうまくいかないことが多い。

そういう時間を読書時間にしちゃうと、ちょっとずれると全然本が読めなくなっちゃうんです。なのでこの時間は雑多な時間として使い方を決めずにおくことにしているんです。

といっても寝る前のちょっとした時間は読書に最適です。本を読んで心を落ち着けてから寝るときなんて結構いい感じに寝れますよ。

晩酌なんかよりもよっぽど寝れます。つーか酒飲んで寝ると全然疲れ取れないんだもん。

時間術は応用が効く

ということでわたしが読書時間を確保するためにしていることは以上です。

この手の時間確保術ってとにかく応用が効くんですよね。読書にかぎらずにね。

考えだすと奥が深いですけどねー、こういうのって。

たとえば早寝早起きをしようと思ったらいかに早く寝るために夜のタスクを減らすかってことを考えるようになってきます。

頭を使うクセがつきますよね。これってすっげー大事。

ダラダラと流されて生きていくか、自分で考えたやりたいことをやるための時間を作っていくか。

読書って趣味でしかないけれど、そこを切り取って考えると結構差が出てくるもんです。考え続けないとダメなんでしょうね、人間って。

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。