読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

口先だけでいつまで経っても独立できない人の特徴。独立・起業が手段でなく目的になってしまっている

働き方-独立・起業 働き方

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

いつだかのわたしは結構な独立志向でした。まぁ会社辞めたいからってのも強かったんですけど、ホント口先野郎でした。

それこそ金持ち父さんだとかその手の本の影響でもあったんですけど。そうなの、ホント影響されやすいの

ただまぁその程度の情熱なんて全くと言っていいほど続かないもので。っていうかホントに独立したかったんかなっていう。

というのもね、会社を辞めたいだとか自由になりたいだとか。独立することそのものが目的になってしまってたんですよね。

いつまでも口先だけで独立出来ない人の特徴というとズバリ、独立が手段でなく目的になっちゃってる人、ということです。

独立も起業もあくまで手段

独立だとか起業だとかってどこまでいっても手段でしかないと思うんですよ。

やりたいことをやるために、今のままじゃあできないからこそ独立という手段を取るわけです。

ただこれって別にお金持ちになりたいって理由でもいいと思うんですよ。それはそれで立派な理由です。お金は大事だよー。

自由になりたいもまぁいいと思うんですけど、でも自由になってなにをするのって話なんですよ。ただ漠然と自由になってみても意外とやることなくってつまんないもんですよ。

わたしの友人でもそうやって1年ぐらいフリーランスやって結局サラリーマンに戻った人もいましたから。行き過ぎた自由は逆に消耗するだけです

やりたいことを見つけるためにってのもいいとおもいます。でもなかなか見つからなくって焦るだけのパターンもあるんである程度の計画性は必要なんじゃないのかなーと。

わたし個人としては今のところ独立したいって思ってないしそのつもりもないです。ぶっちゃけサラリーマン楽なんですもん。

いろいろと活動している中で、雇われの身では時間だとかのリソースがどうしても足りないってなった時にはもしかしたらその時かもしれないですね。

まぁこれはあれですよ、口だけで独立なんてしないパターンのやつですよ。まぁその気ないんで仕方ない。

事業ってのは結局は利益を求めないといけないからこそ理念がいる

ただ単に脱サラしたいってだけならいざ知らず、起業となるとなおさら目的がないのはアカンです。

というのも、あまねく事業、ビジネスってのは利益を上げてなんぼ。そういう意味では起業の目的はお金でしかないわけです。

ただ、だからこそ理念が必要なんですよね。そうじゃないとただのお金稼ぎで終わってしまう。

理念なき会社は滅びるんです。利益こそが大事だからこそ、それだけで終わらないよう。

そういう意味では理念こそが至上なわけです。こう考えると手段が目的と化してしまった時点でうまくいかないことなんてわかりきってるってことよね。

お金稼ぎだけじゃなくって、理念が目的であってほしいってことです。

目的と計画

目的がちゃんとあれば、そこから計画が立てられます。

なんともなしに独立すると目的なんてないんだから、当然計画なんて建てられないわけです。

目的を見つけるための計画だなんてものを建てるハメになるわけです。すっげー無益。

だからまぁ、目的がないとってのはそういうことで計画も立てられないんじゃあ時間を持て余してヒマになるだけなんですよね。

ノリで脱サラしちゃうような勢いってたしかに大事で、ともすれば自分に足りないのってそういう部分なのかなとも思うんですけど。

勢いだけでなんとかしちゃう人もいますからね。そんなんは自分にはちょっと無理があるんで、わたしはやっぱり計画を立ててしっかり実行していきたいところですよね。

夢を語ろう

口先野郎になっちゃうとしても、やっぱり口にだすのは大事。

語る夢がないなんてのもやっぱり寂しいからね。ガンガン吐き出して自分にプレッシャーをかけるぐらいでいいとおもいます。

やりたいことのない人生なんてやっぱりつまらないものです。

 

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。