読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

残業したくない!残業代もらえようがわがままだと言われようが舐めてると思われようがそれでも残業きらいマジで嫌だ!

働き方 働き方-サラリーマン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

あーほんとやだ。絶賛残業アレルギー発症中です。なぜかって今日は久々に残業なんてしちゃったから。

いやもうホントに残業嫌いで、数ヶ月に一回するかどうかとかそんな感じなんですよ。

基本一人仕事でやっているんで、そのへんはある程度融通きくというか。よっぽどじゃなければ次の日に回しちゃうんですよね。

まぁつまりは今日はよっぽどな日だったわけで、ホント断腸の思いで残業なんかしちゃったわけですが……

あーすっげーいやだった。残業しちゃうと会社辞めたくなっちゃうから困る。やめないけど

なんでしょうね、この残業に対する拒絶反応。残業は怠慢だって考えがあるからってのもあるんですけど。

もう単純に、残業代ごときでわたしの時間を使いたくないってのがその理由でしょうね。

わたしの残業代はいまだと1時間あたり2000円ぐらいでしょうか。まぁそう大して多いわけではないでしょうが、その分個人でやってる事業の方で稼げるかというとなかなか難しい。

正直言ってそれっぽっちの金のために働きたくないというのも本音。残業するぐらいならな早く寝たい。

わたしの中ではもう決まっちゃってるんですよ、一日24時間のうち17時までは生きるために働く時間。それ以降は自分のやりたいことのための時間だって。

それが崩されるのが嫌なのかもしれないですね。自分の業務での遅れだけならいざしらず、よそのトラブルのせいで残業なんてなったりしたらもうマジで怒りが有頂天ですよ。

f:id:apokaru:20160505105009j:plain

残業をしない人間こそ評価されるべき

f:id:apokaru:20160505105018j:plain

おかげさまでわたし自身はそれなりに評価してもらってはいますが。

基本的に一日の業務ってのは定時までに終わるものであるべきなんですよね。残業が常態化してるなんてのは管理側の怠慢ですよ、それこそ。

大体仕事の遅いやつが残業ばっかやって残業代稼いでるのってどうなの。そのくせ平気で休暇はとるっていう。お前のその仕事本当に必要なの?

別に残業するのがダメだって言うわけでもないし休暇はどんどんとってくださいって感じなんですけど、あまりにもねー。

わたしの職場の人ではないですけど、たまにいるらしいんですよね。5時から本気だすタイプ。いやとっとと仕事終わらせて帰れよ。

あ、あとこういうのもいますね。既婚者で奥さんがうるさいからなのかすぐに帰らない人。あるいは収入が少なくって定時で帰ってくと怒られたりする人。

なんだろねー、家族との時間よりも残業代のが大事なの?って思っちゃいますね。収入が足りないのならそれこそなにか別の収入源を見つけたほうがよっぽど現実的ですよ。

既婚者であれば奥さんの名前で確定申告いれれば会社の副業禁止にも引っかからずにすみますし。今の世の中お金を稼ぐってだけならいくらでも方法はありますからねー。

残業している自分がひどくダメ人間に思えてくる

残業時間のノスタルジック感ってなんかすごいっすよね。すっげー寂しくなんの。

まわりが定時でみんな帰って人気がなくなっちゃうからなのか。この時期は人がいなくなると一気に寒くなったりしますしねぇ。

なんかそんな時間に残っている自分がすっげーダメ人間に思えちゃうんですよね。

みんな帰ってんのになんでまだ仕事してんの?どんだけ仕事おせーの?みたいな。

誰かに脅迫されてるみたいな感じなんですよね。まぁ誰にだよってはなしですけど。

あーホント残業きらいだわ。今年の目標は残業しないことにしとけばよかったかな。あ、でももうしちゃったしな……

どうあってもやらないぞってわけではないんですけどねぇ。どうしてもというのならやらざるを得ない。だって最終的には自分にしっぺ返しくるんだし。

一人仕事の辛いところだなー、覚悟はいいか?オレはできていない。

f:id:apokaru:20160505105027j:plain

気は楽なんですけどね。変な仕事が舞い込んでこなければ自分一人で完結できるってのは悪くない。

ってそんなんどうでもいいのよ、とにかく残業が嫌なの。大事なことなので何回でもいいますよ。もう。

なんてブツブツ言っても始まらないな。とりあえずもう今年度は今後の残業はしない!今決めたー!たぶん守れないけど。

残業で消耗しているあなたももう辞めたほうがいいですよ。そうじゃなきゃ回らないような仕事ならやんないほうがマシです。そんな仕事。

 

それではまたー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。