読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

無在庫販売でヤフオクが出品制限された!出品制限の解除と対処方法

副業-ネットオークション・物販 副業

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

9月の服とかの超オススメ紹介記事

☑秋口のメンズファッションプラスおすすめコーディネートを紹介!

今でもわたしはヤフオクでモノを売ったりしていますが、一度出品制限をされています。

原因としては、いわゆる無在庫販売をしていたから。一応、ヤフオクの規約では手元に商品がない状態で販売をすることが禁止されています。

当時はさすがに焦りましたね。それなりの収入になっていたのでなかなか痛手でもありました。

とはいえね、規約に違反していることはわかっていながらも収入になっていたので辞められないという状況でもあったので、こういった形で辞めざるを得なくなったのはある意味では良かったのかもしれません。

ちなみに、出品制限になるとこんな感じに表示されます。わかりやすいね!

f:id:apokaru:20160505084820j:plain

出品制限されたら時の対処方法

問い合わせしないとなにが悪かったのかすらわからない

出品制限されると、ヤフオク側からメールが送られてきます。

ただし、内容としては、規約違反があったためすべての出品を取り消し、出品機能を制限しましたみたいなメールが来るだけです。

なにが規約違反となったのか、出品制限を解除するにはどうしたらいいか、などについては一切書かれていません。

ではまずどうするかというと、一度こちらから問い合わせをする必要があります。メールにお問い合わせフォームへのリンクが載っていると思うので、そこから問い合わせをします。

最初のメールになにが悪かったのかとか、解除するにはなにをするのかを書いておいてくれればいいんですけどね。ヤフオクってこういうところが不親切なんですよねぇ。まぁ悪いことしたほうが言うことでもないんですけど。

出品制限を解除する方法

わたしの場合、問い合わせしたところ下記のような質問をされました。

  1. 出品の際、商品はお手元にない状態でしたか。なかった場合は、その理由もお知らせください。

  2. 商品の入手から出品に至るまでの経緯をお知らせください。

  3. 落札者からの入金を、出品商品の購入資金にしていますか。例:商品の手配ができていない状態での予約商品の出品など

  4. 友人の代理出品、出品業者の代行出品など、出品を委託された商品ですか。

  5. 利用制限を受けたY!IDは、お客様の名義で登録されていますか。

  6. 過去にご利用されていたものも含めて、ほかに登録、利用されているY!IDはございますか。ある場合は、すべてのY!IDをお知らせください。 また、Y!IDをご家族やご友人同士で利用されている、共有されている場合は、そちらもお知らせください。

  7. ご利用制限が解除されましたら、同一の商品を再出品する、または同様ないし類似する商品を出品する予定はございますか。

そして、実際に商品が手元にあるかどうかを確認するため、ヤフオクから指定された商品(5点ほど)をヤフオクIDを書いた紙などと一緒に写真に撮りYahoo!ボックスへアップロードするように言われました。

実際に商品が手元になかったため当然対応することはできず、商品を買って対応しようかとも思いましたが、これで済めばいいけど同じようなことがまたあったらキリがないなと思い、出品制限を解除することは諦めました。

アカウントを作りなおすのも一つの手

ではどうやって今ヤフオクを利用しているのかというと、新しいアカウントを作ってヤフオクを使っています。

新しいアカウントを作って1ヶ月ほどですが、今のところは特に問題なく使えています。ですので、わたしと同じように無在庫販売で出品制限をかけられ、ものを用意するのも難しいって方にはアカウントを作りなおすことをおすすめします。

ただし、注意点が2つあります。これによって、場合によってはアカウントが作れない可能性があります。

注意点1 Yahoo!プレミアムの決済方法

ヤフオクに出品するにはYahoo!プレミアムに登録する必要があります。当然、その際は決済方法を設定しないといけません。

この際、出品制限をかけられたアカウントで使っていた銀行口座やクレジットカードは使えません。

こんな感じの表示が出て、設定することができません。

f:id:apokaru:20160710195943j:plain

そのため、もし使える口座だとかクレジットカードがない場合は新しく作る必要があります。ちょっとめんどくさいですね。時間もかかりますし。

注意点2 本人認証

ヤフオクを利用する際に、本人確認を行う必要があります。

本人確認の方法は二つ。SMSを使ったモバイル認証か、配送業者を使ってコードを実際に送ってもらう方法のどちらかになります。

モバイル認証のにはSMSを使用するため電話番号が必要になるわけですが、こちらについても決済方法の時と同じように、制限されたアカウントで使っていたものは利用できません。

ですのでモバイル認証を行うにはやはり新しい電話番号が必要になるわけです。でもこれはちょっとハードルが高いですね、銀行口座やクレジットカードのように無料で作れるものではないので。

妥当なところでは家族に電話番号を貸してもらうとかでしょうかね。ちなみにわたしの場合は、最初のアカウントの場合ヤフーBBを契約していたため例外として本人認証が必要でなかったため、新しく作り直したアカウントで自分の電話番号を使うことで認証できました。

そしてもう一つの、配送業者を使って実際にコードを送ってもらう方法はわたしは利用したことがありません。

制限をかけられたアカウントと同じ住所で申し込んでも問題なくできるかもしれませんし、住所が重複しているということで弾かれるかもしれません。

無難なのはなんかしらの方法で電話番号を用意することでしょうね。

ヤフオクから移動するのも手だけど

販路はヤフオクだけではないので、それこそ他のに移るというもの一つの選択肢ですけどね。

ただ、Amazonにしてもメルカリにしてもヤフオクより規制は厳しいです。かつ、アカウントを新しく作るのもヤフオクより難しいです。

そう思えばヤフオクのアカウントを作りなおすことは一定のメリットがありますよね。一度復活させることを経験しておけば、同じことが起きた時に対処しやすくもなりますし。

ということでリスクヘッジの面からも、ヤフオクが制限されたらそこからの復活方法を体験しておくといいと思います。

メルカリやAmazonを平行して行っていくのもリスクヘッジという面からしたら同様に効果的ですけどね。

それではまたーねー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。