読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APOKARU POST

もうちょっとだけ好きに生きていこうぜって言いたいブログメディア

ボイパ王子、KAT-TUN中丸雄一のヒューマンビートボックススタイルヤバ過ぎる!

ジャニーズ-KAT-TUN ジャニーズ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

我らがジャニーズグループKAT-TUN。その音楽性と言ったら、あまり知らない人からしたら田中聖のラップがやっぱり思いつくんじゃないかなーとおもいます。もういないけど。

そして意外と知られているのかいないのか、それと対を成すのが中丸くんのHBB(ヒューマンビートボックス)です。

ヒューマンビートボックスってーのはアレです、ボイパとか、口で色んな音を出す奴。ぶんちきぶんちき、スクラッチ!

初期の頃のシングルなんかはほぼ毎曲ビートボックスパートがあったほど。最近は毎回シングルでやってると、ライブでビートボックスやりっ放しでえらいことになるから自粛してるんだとか。

でも、中丸くんのビートボックスはマジでレベル高くって、そのへんのビートボクサーよりも巧いっすよ、マジで。

ほら、見てくださいよこの動画。ナカマループマシンを使いこなすさまはプロビートボクサー顔負けですよ。

youtu.be

聖が抜けたあとはラップパートは中丸くんのHBBパートに変わったりしてます。

KAT-TUNの個性って昔っから際立ってたんですけども、その一端は間違いなく中丸くんなんですよねー。

ボイパ王子の原点。目立ちたくて始めたヒューマンビートボックス

かつては仁亀と言われた赤西仁くんと亀梨和也くんの二人がKAT-TUNのフロントマン。曲のパート割りもこの二人が中心で、曲のパートの半分以上この二人で歌っているものも結構あったんじゃねーかな。

そしてラップで目立つ聖くん、ライブではアクロバティックにダンスする田口くん。気付いたらやけにかわいくなってた上田くん。これが初期の頃のKAT-TUN。

それに比べると、中丸くんは当初地味だったんですよねー。ダンスも上手なんですけど、派手な田口くんに比べるとやっぱりちょっと目立てない。

そこで目立つために選んだのがヒューマンビートボックス!いや、なんかもうこの時点で発想がやばい!。あえてそこ行くのか、って感じで。

でも、この目論見はしっかりと当たって、シングル曲のPVではビートボックスのパートでしっかりとセンターに入り、ライブでもソロでビートボックスのプログラムがあるほど。

ドームで55000人を前にビートボックスを披露するとか普通にやべぇ。中丸くん以外にドームでビートボックスやったことあるやついんの?

いまほどヒューマンビートボックスが知られていなかった時期からそれを選択した先見の明にはもはや脱帽しかありません。ほんとすげぇ。

今更になってYouTuberがビートボックス動画とってわちゃわちゃやってますからね、中丸くんを見習えって感じ。

際立つ存在感

ビートボックスを習得したことで、目立つってレベルじゃなくなってるというか、もはや存在が際立ってる。

ライブでも毎回凝った演出をしてくれてて、ビートボックスで歯医者さんごっこしたり、ぺぺ!!!!字幕出したり。

f:id:apokaru:20160505084705j:plain

マイク一本でのパフォーマンスからバンドを引っさげてのビートボックス。ナカマループマシンを使ったり、ビートボックスをしながらハーモニカを吹いたり。

f:id:apokaru:20160505084713j:plain

マジでエンターテイナー。アイドルの領域から完全に飛び出しています。

ヒューマンビートボックスを選択した中丸くんのセンスがマジ半端なくって、ただボイパぶんぶんぺちぺちやってるだけじゃなくって、他の楽器と組み合わせたりととにかく振り幅がでかいんですよね。

そこに中丸くんのプロデュース力が加わるわけで、毎回ライブでは楽しみなパートですよ、中丸くんのヒューマンビートボックス。

たぶん中丸くん、なんかしらの事業やったら絶対成功する。ビートボックス関係以外にも企画力とかプランニングとか半端ないもん。自己分析とかめっちゃ得意そうだもんなぁ。

ボーナストラック:中丸くんのHBBがかっこいい曲紹介します!

なんかボーナストラックって言い方はちょっと寒いけれど。笑

いろいろビートボックスのかっこいい曲を紹介していきますよん。

Real Face

ご存知デビュー曲。

イントロのヘヴィーなリフをバックにスクラッチからカウントまで。

グイグイ前にでてビートボックスをかます様はまさに目論見通りといったところ。

will Be All Right

Real Faceのカップリング。

間奏での聖とのラップとのセッションがマジでいい。

初期KAT-TUNを代表する極でもあります。

ONE ON ONE

アルバム曲、1stアルバム「Best  of KAT-TUN」に収録。

聖くんとのユニット曲。DJとラッパーのセッションという感じ。これめっちゃいいです。かっこいい!

YOU

2ndアルバム「cartoon KAT-TUN II You」通常版に収録。

1番では聖のラップ、2番では中丸くんのビートボックスとうまいこと対比させてある。

間奏では聖のラップとのセッション。見どころが多いっすよ!

RESCUE

シングル曲。アルバムでは3rdアルバム「Queen of Pirates」に収録

聖のラップパートの後にダンスパート、そのあとに中丸くんのHBBパートがあります。

この曲のHBBはビートパターンもさることながらパートに入る前の中丸くんのセリフもかっこいい。

いやマジでいちいちかっこいーんだよなー、この曲の中丸くん。

LIPS

これもシングル曲。同じく3rdアルバム「Queen of Pirates」に収録。

聖くんのラップをバックにビートボックス。この二人のセッションがほんといい、マジで王道。

HELL,NO

アルバム曲です。3rdアルバム「Queen of Pirates」に収録です。

ソリッドなギターをバックにビートボックスです。ビートパターンが豊富で聞いていて楽しい。

RIGHT NOW

これもアルバム曲。5thアルバム「NO MORE PAIN」に収録。

イントロからビートボックス。こんな声が出せるのかーと驚く!

You Are Delicious

シングル曲Dead or Aliveのカップリング。

このパターンすっごいいい。スクラッチマジでかっこいい。

UNLOCK

久々にシングル曲でのビートボックス。

やっぱりかっこいいなーって再確認できる曲であるとともに、さらに巧くなってるなとも思わせられる。

うーん、かっこいいなぁ。

ちなみにハーモニカ吹いているのは見れるのはライブDVDのCHAIN

ナカマループマシンはcome HereコンDVD。

ぺぺ!!!!quarterですよー。

それではまたーねー。以上、あぽかる(@apokaru)でした。Yes,I’m Apokaru!