APOKARU POST

ジャニヲタファイナルブログ

作家-池井戸潤

池井戸潤「銀行総務特命」花咲舞が黙ってない原作、企業小説の枠を超えたクライムノベル

池井戸さんの作品の中でも、初期のものになるためか銀行を舞台にしていても少し趣向が違った事件が起こるなといった印象。 半沢直樹とかと比べるとミステリー的なのかな。この雰囲気は決して嫌いじゃない。 とはいえ、池井戸さんの代名詞でもある勧善懲悪的…

池井戸潤「不祥事」。花咲舞が黙ってない原作はわかりやすい勧善懲悪で爽快感がある

この本を原作としたドラマもやっていましたね、花咲舞が黙ってないというタイトルで。 池井戸潤さんの十八番、銀行小説。相変わらずのわかりやすい勧善懲悪で気持よく読めますねー。 あらすじ 事務処理に問題を抱える支店を訪れて指導し解決に導く、臨店指導…

池井戸潤「ようこそ、我が家へ」匿名の恐ろしさってガチで怖くね?

月九のドラマにもなったこの作品。原作とドラマとの相違点はちょいちょい知ってたんですけど。原作では相葉くんが主人公じゃないとかね。 でもこれあれだわ、絶対原作読んだほうがいい。原作のがはるかにおもしろいもん。ドラマ観た人は絶対原作も読みなさい…

池井戸潤「空飛ぶタイヤ」は弱者が強大なものに噛みつく、勇ましい物語だった

あいかわらず池井戸潤さんにはまってます。それでも、この空飛ぶタイヤは今まで読んできた池井戸作品の中でも一番おもしろかったかも! あらすじ 走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。 ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の…

池井戸潤 「ルーズヴェルト・ゲーム」経営者のイズムという考え方

最近ではホントに池井戸潤さんの本ばっか読んでます。 今回のルーズヴェルト・ゲーム、社会人野球部とか言うわたし的にドストライクな題材の企業小説、やっぱり大満足でした。 この作品もドラマ化されていましたね。ドラマは野球の描写が結構残念だった記憶…

池井戸潤「下町ロケット」シリーズには男のロマンが詰まっている

池井戸潤さんの下町ロケット。第145回直木賞受賞作であるこの作品ですが、いやーもう文句なしの極上のエンタメですねこれは。 ドラマも好調な下町ロケットですが、原作もめっちゃおもしろいですよ!やっぱり宇宙開発っていいよなー。ロマンですよロマン。 技…

池井戸潤「半沢直樹シリーズ」は痛快最強無敵の銀行小説シリーズだ

大ヒットドラマとなった半沢直樹。その原作シリーズがオレたちバブル入行組からはじまる作品群。 なんだろう、原作のこのタイトルから内容がちょっと推し量れないよね。若干タイトルで存している気もする。 とはいえね、内容についてはピカイチ。ドラマ同様…